読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUTANT

SEOやブログマネタイズの手法を紹介しています。ブログを運営する上での役立つtipsを紹介していきます。

【SSL化対応】WordPressの始め方を超分かりやすく解説してみる。

WordPress 初心者

f:id:mutant-tetsu:20170321124206j:plain

 こんにちは、てつです。

 

先日、友人と話している際に友人がポツリ。

「WordPress始めてみようかな・・・」

 

おぉ、いきなりどうした。

 

長年の友人がWordPressデビューすると聞いたので一肌脱ごうということに。

 

彼はクラウドワークスでWordPressの構築を発注するか、自分で参考書籍を買って構築するかで悩んでいたみたいですが、

 

そんなもの必要なし

 

WordPress初心者・未経験でも自分でWordPressを構築して、なおかつSSL化に対応したWordPress構築方法を記事にまとめました。

 

今回はこういった方を対象に記事を書いています。

  • WordPressを始めるのはこれが初
  • どのサーバーを選べば良いのか分からない

 

特にサーバー選びは悩み所だと思います。サーバー会社はたくさんありますからね。

 

そのような中でも初心者にオススメのかつ、SSL化も簡単に対応できるものを紹介しつつWordPressを作って行きます。

 

 

初心者~上級者まで広くカバーできるサーバーwpXクラウドがオススメ

まずWordPressを作っていく前にそれをインターネット上に置く場所、つまりサーバーが必要になります。

 

サーバーは様々な会社が出していますが、今回は大手で信頼性も高いXサーバーが運営しているwpXクラウド というWordPressに特化したサーバーを使って行きます。

 

 

wpXの特徴としては、

  • WebサーバーにNginxを使用している(つまり、速い)
  • SSL化に簡単に対応できる(つまり、SEOで有利)
  • アクセスの増減に合わせてプランを柔軟に変更できる(つまり、最適なプランで運用可)

 

この3点が挙げられます。

 

ユーザー視点、SEO的な面で見てもWordPressを作る際にはSSL化に対応していた方が良いです。

『HTTPSをSEOで優遇』 SSL化を推奨するアルゴリズム導入をGoogleが公式発表 | SEO HACKS公式ブログ

 

また、通常のサーバーはアクセスが増えてきて処理が捌けなくなってくると、サーバーを増強するか、スペックの高いサーバーに引越しをしないといけません。

 

その点、wpXクラウド はクラウドサーバーなので、クリック1つで自由にサーバーの増強が可能です。

 

今、契約しているサーバーのスペックが足りなくなって引越しをする場合、めちゃくちゃ面倒ですからね。

 

それなら最初からWordPressの成長に合わせてフレキシブルに対応できるサーバーで契約しておいた方が後々、楽です。

 

 

wpXクラウドの金額は?

とは言え、良いスペックのサーバーを使えばそれなりの金額がかかってくるわけで・・・

wpXクラウドは

  • 高速サーバー
  • SSL化対応

など特典が盛りだくさんなのでどうせ高いんだろうなぁと思っていたらコスパ最強でした。

 

初期費用無料で月額500円から利用できます。(はてなPROより安い・・・)

 

ロリポップも同じ金額帯でプランを用意していますが、Nginxは採用されていないしSSL化もコミコミで対応していません。(オプションで+1500円)

 

実際に私もwpXクラウド でWordPressを運用していますがとにかく速いです。

 

ここから実際にWordPressの始め方を詳しく解説していきます。

 

 

WordPressをさっそく構築してみる

WordPressを構築する際に必要なのは、大きく分けて2つ。

  • サイト/ブログの顔となるドメインを取得する
  • サーバーを設定し、そこにWordPressを設置する

 この2つの作業が必要になります。

 

それではドメイン取得→WordPress設置の順番で説明していきます。

 

 

お名前.comでドメインを取得する

まずはWordPressのサイトの顔となるドメインを取得していきます。

ドメインというのは当ブログで言うと、mutant-tetsu.comですね。

 

さっそくお名前.comでドメインを取得しましょう。

 

まずお名前.comのサイトにアクセスします。

 http://お名前.com 

 

トップページにドメインの検索窓がありますので、ここで自分が取得したいドメインを取得します。(複数入力可)

 

f:id:mutant-tetsu:20170315143334j:plain

 

 候補の入力が完了したら右側の「検索」ボタンをクリックして目的のドメインの在庫があるか確認してみましょう。

 

さっそく見てみるとどのドメインが残っていて、どのドメインがすでにSOLD OUTしているか確認できます。

「mutant」のドメインはほぼ全滅ですね。

この中では「mutant-tetsu.com」の在庫がありました。

 

ちなみに.netやら.xyzやらたくさんありますが、どのドメインを選択するかでSEO的な影響はないと思います。

 

国内で展開するサイトなのに.tw(台湾のドメイン)や.kr(韓国のドメイン)は変な感じもしますが、そういったイレギュラーなことをしない限りどのドメインでも問題ありません。

Googleもドメインによって検索順位の価値決めをしていないと言ってますしね。

 

個人的なオススメは.comです。(ぶっちゃけ何でもいいです。気分です。)

 

取得したいドメインの箇所にチェックを入れ、ドメインの購入手続きに進みます。

購入には会員登録が必要になりますので、まだの方は済ませましょう。

 

f:id:mutant-tetsu:20170315143916j:plain

 

ここでWhois情報公開代行とありますが、ここは必ずチェックをつけます。

 

実はドメインの所有者は全て個人情報を登録します。

このドメインは調べればすぐに誰が所有者か分かってしまいますが、このWhois情報公開代行を設定しておけば、調べられてもお名前.com(運営元の株式会社GMO)の情報が表示されるっていうやつです。

 

これを設定していない人、たまに見かけます。

氏名・住所・登録した番号(だいたい携帯番号が多い)がふつうに晒されているので、Whois情報公開代行は必ずチェックを付けましょう。

 

 

支払方法はクレジットカード払いの他にコンビニ払いなど用意されているので、どれか好きな方法で支払いをしましょう。

f:id:mutant-tetsu:20170315145517j:plain

 

これで独自ドメインを購入することができました。

次はいよいよWordPressをサーバーに設置していきます。

 

 

WordPressをサーバーに設置していく

すでにドメインの取得も完了したので最後の作業である、WordPressをサーバーに設置していく方法を紹介します。残り半分!

 

ここでは、

  • 超高速かつアクセス増にも柔軟に対応できるwpXで設定
  • 最初からSSL化した状態で運用する

この2つに対応していきます。

それではさっそく、wpXの公式サイトにアクセスします。

wpXクラウド公式サイトへ

 

 トップ画面に「新規お申し込みをする」のバナーがあるので、ここをクリックします。

f:id:mutant-tetsu:20170321111335p:plain

なお、初期登録の際にクレジットカードの登録など面倒な作業は一切必要ないです。

 

無料で14日お試しできるのも嬉しい。

 

次の画面では申し込みの流れが記載されています。

 

ここで必要なのはメールアドレスと会員情報のみです。

 

まずは①の「メールアドレスの登録」からメールアドレスを登録します。

次に登録したメールアドレス宛にメールが届くので仮登録の認証を終わらせます。

 

具体的にはこんな感じのメールが届きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
wpX】お申し込みメールアドレスの確認
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度は当サービスをご検討いただき誠にありがとうございます。
wpX カスタマーサポートでございます。


会員登録のための【お申し込みURL】をお送りいたします。
お申し込みURLから、会員登録手続きをお進めくださいますよう
お願いいたします。

────────────────────────
【登録メールアドレス】: xxx
【お申し込みURL】   : xxx
────────────────────────

 

ここの「お申し込みURL」に記載されているURLをクリックすると、下記のような画面に飛びます。

f:id:mutant-tetsu:20170321111436p:plain

 

サーバーIDは何でもいいです。ご自身の好きなものを設定してください。これは独自ドメインと関係ないので、お好きに。

 

次の画面は申し込みフォームとなります。

ログイン用のパスワードや契約者種別(法人か個人か)、氏名・住所などの情報を入力していきます。

 

ここは穴埋めなので迷うことはないと思います。

 

迷うとすれば、フォーム最下部の「グレード」の箇所でしょうか。

f:id:mutant-tetsu:20170321112633p:plain

これは簡単に言うとサーバーのスペック(能力)です。

高いグレードだと、それだけたくさんのアクセスを捌けますよってわけです。

 

なお、公式で発表されている各グレードの目安は以下のとおり。

f:id:mutant-tetsu:20170321112949p:plain

1番下のグレードでも、月に30万PVは捌けます。つまり、新しくWordPressを始める初心者はグレードAで十分対応可能ということです。

 

マックスで月2500万PVまで捌けるみたいです。

 

運用を開始してアクセスが30万PV→50万PVと増えてきたらその時に応じてボタン1つで変更できます。

逆に別サーバーから引っ越しするユーザーでも、現在のPV数に応じて柔軟に対応できます。

 

これが最初に言った、アクセス数に応じてサーバー(グレード)を柔軟に変更できるという点です。

 

問題なく運営していれば、アクセスは右肩上がりで上がっていきます。

そういった時にわざわざサーバーを引っ越しする必要もなく、ボタンをクリックするだけでサーバーのスペックを自在に変更できるのはクラウドサーバーの強みかなと思います。

 

逆もまた然りで、アクセスが減ればグレードダウンすることも可能なので無駄なサーバー費用を払う必要はないわけです。

 

今回は初めてWordPressを始めるという設定なので「グレードA」を選択しました。

 

そのまま画面を進んで操作を完了すると、画像のような画面になります。

f:id:mutant-tetsu:20170321113655p:plain

メールボックスに届いているログイン情報をもとにログインしていきましょう。

 

 

お名前.com側で独自ドメインを変更する

さぁ、ここまでwpXクラウド への登録が完了しました。

残る作業はあと2つ。

  • wpXで独自ドメインを使えるようにお名前.comの管理画面から設定する
  • wpXサーバーにWordPressを設置する

 

この2つだけです。さっそく独自ドメインが使えるように管理画面から設定していきましょう。

 

まずは先に独自ドメインを取得したお名前.com側の画面でネームサーバーの変更をします。

 

お名前.com側のドメインNaviにログイン後、

ドメイン設定>ネームサーバーの変更

をクリックします。

f:id:mutant-tetsu:20170321114949p:plain

 

 

取得したドメイン(これから設定したいドメイン)にチェックを入れ、「他のネームサーバーを利用」にもチェックを入れます。

f:id:mutant-tetsu:20170321115235p:plain

 

この画面の下側に行くと「ネームサーバー情報を入力」という欄があります。

ここに下記のように情報を入力していきます。

f:id:mutant-tetsu:20170321120312p:plain

 

ns1.wpx.ne.jp

ns2.wpx.ne.jp

ns3.wpx.ne.jp

 

具体的に入力する値は上記3つです。

これはどこから来てるのかというと、wpXクラウドの公式サイトにネームサーバーはこのように設定してねって説明があり、それをそのまま反映しています。(具体的にはwpXのドメイン追加の箇所で説明されています)

 

これでネームサーバーの変更手続きは終了です。反映されるまで数時間かかったりするのでしばらく待ちましょう。

 

自分の場合は1時間ほどで変更が反映されました。

 

 

wpX側で独自ドメインを設定する

それではさっそくwpX側の管理画面からWordPressを設置していきます。

管理画面の左側メニュー一覧から、

ドメイン追加設定>ドメイン追加>他社管理のドメインを追加する

を選択します。

f:id:mutant-tetsu:20170321114102p:plain

 

 次の画面では先ほどお名前.comで取得したドメインを入力します。

認証方法は先ほどお名前.com側の画面で設定したので「Whois認証」にチェックを入れます。

そして、下部のドメイン追加をクリック。

f:id:mutant-tetsu:20170321120832p:plain

 

ドメインの追加に成功すればドメイン一覧に反映されます。

f:id:mutant-tetsu:20170321121149p:plain

 

WordPressを設置していく

さぁ、あとはWordPressを設定するだけです。長かった・・・ここからはすぐ終わります。

 

ここでは最初からSSL化した状態でWordPressを設定していきます。

 

画面左側の「新規インストール」をクリックしてWordPressをサーバーに設置していきます。

f:id:mutant-tetsu:20170321125428p:plain

 

ここで複数の入力箇所があります。以下の通りに入力していきます。

 

サイトアドレス:独自ドメインを選択(独自ドメインの追加に成功していれば一覧にあります)

WordPress ID:お好きなものを(WPの管理画面ログイン時に使用。ユーザーIDです)

ブログタイトル:お好きなものを(WPのサイト名称になります。あとで変更可)

メールアドレス:お好きなものを(WP管理者のメアド。これもあとで変更可)

独自SSL:必ずチェック!WordPressがSSL化対応します。

 

「https://へのリダイレクトを有効にする」にもチェックを入れます。これによりhttpのURLでアクセスされた時でも自動でリダイレクトを行なってくれます。

 

その下のCSR情報の入力は任意です。

f:id:mutant-tetsu:20170321122224p:plain

 

最後に確認画面を完了させればWordPressの設置が完了します。

 

次の画面では問題なく設置できた旨が表示されます。

f:id:mutant-tetsu:20170321125826p:plain

ここで管理ユーザとパスをメモしましょう。WordPressの管理画面にログインする時に使用します。

パスはランダムな英語の文字列になっているはずです。

 

 

左側のメニューが「新規インストール」から「Wordpress設定」に変更されています。

 

f:id:mutant-tetsu:20170321130018p:plain

画像の「ダッシュボードへ」をクリックすることでWordPressの管理画面へ遷移します。

 

ここで先ほど取得した管理ユーザーとパスを入力するとログインできます。お疲れ様でした!

f:id:mutant-tetsu:20170321130322p:plain

 

まとめ

独自ドメインの取得→ネームサーバーの変更が面倒ですが、WordPressの設定自体は恐ろしく簡単だったと思います。

 

しかもwpXクラウド はクリック1つでhttpsにも対応できるので本当にありがたい。

他社だとSSL化するのに別途オプション料金がかかったり設定が面倒なものもあります。

 

しかも、かなり表示速度も速い。

 

新しくWordPressを始める方も、今使っているサーバーのスペックに満足してない方にもオススメです。

 

WordPressを始めたばかりの方向けに操作方法の解説やオススメのプラグインはこちらで紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。それでは今日はこの辺で。

www.mutant-tetsu.com

 

www.mutant-tetsu.com

 

 

知り合いのブロガーが無料でセブに海外留学するらしい。羨まし過ぎる。

日常のこと

f:id:mutant-tetsu:20170312191403j:plain

こんにちは、てつです。

 

朝起きたら知り合いのブロガーさんからセブの海外留学に受かったと連絡が。

 

「え?受かった?」

 

海外留学って、こっちがお金払えばいけますよね?

受かったということは・・・と思い、とりあえず返信。

 

「おめでとう!ちなみに受かったって、もしかして無料で行けるとか?」

 

 

そしたら、こんなURLが送られてきました。

souspeak.com

 

まじかいw 

 

説明すると月間5万PV以上あるブロガーは、無料でセブ島の英語留学にご招待ってやつです。(飛行機代は自腹/要審査あり)

 

実際にセブ島留学で体験したことを1週間に1記事以上書くことが条件ですが、これだけで20万円相当の語学留学の受講費用と滞在費用が無料とは・・・

 

なお、この記事執筆時点で11ブクマ。あまり拡散しなかったのかな?

はてなブロガーで興味がある方は狙い目かもしれません。

 

こういったインフルエンサーマーケティングがもっと出ればいいのにと思う

上記の手法ってインフルエンサーマーケティングって呼ばれるもので、けっこう海外でも採用事例はたくさんあります。

 

 

インフルエンサー、つまり影響力のある人物に会社が製品やサービスを提供しそれを広告してもらうっていう手法です。

 

 

台湾でもインフルエンサーマーケティングは活発で、日本企業からのオファーも多いです。

 

日本でもインバウンドマーケティングに力を入れている企業は、無料で中国人やアジアのインフルエンサーを招待して、拡散してもらったりしています。

 

JRAも中国人のインフルエンサー女子を起用して競馬を売り込んでいますよね。

 

私の地元・福岡でもハンバーグ屋が韓国人パワーブロガーを無料で福岡に招待して、食事してもらって韓国人の集客に成功した事例があります。

www.kiwamiya.com

 

 

国内でもインフルエンサーマーケティングに力を入れ始める所も出てきています。

www.uuum.co.jp

 

こっちは中国のスタートアップ「Reyin(熱音)」

reyinapp.com

コンサートビジネスのマネタイズにインフルエンサーを活用する、中国の「Reyin(熱音)」——東アジア進出に向け、プレシリーズA資金を調達中 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

 

 

おわりに

広告のあり方が変わってきているなぁと感じる今日この頃です。

 

企業側としても対企業に高い広告費を払うよりも、インフルエンサー(個人)に広告を発注した方が効果的で、しかも安価な事例が多く出てきています。

 

ブロガーからしてみると嬉しい流れですよね。

 

最後に冒頭で紹介したURLをもう一回、貼り付けておきます。

期間は1週間〜4週間で選べるみたいなので、予定が合う方は応募してみると面白いかもしれません。

【サウスピーク無料留学】月間5万PV以上のブロガー・インフルエンサー限定!フィリピン・セブ島留学に無料で招待! | サウスピーク塾長日誌

 

 

なお、これに合格した福岡のブロガーさんはこちらの方。

abroader.asia


すでに確定しているので、実際にセブ島留学した感想を毎週記事にするみたいです。

 

 

氷点下のミラノでドローンを飛ばすようなぶっ飛んだキャラですが、海外×英語に興味のある方はフォローすると面白いブロガーさんですよ。それでは今日はこの辺で。

abroader.asia

新社会人に捧ぐ!ビジネスシーンで役立つスマホアプリ6選

webサービス/アプリ

f:id:mutant-tetsu:20170308121430j:plain

こんにちは、てつです。

 

気付けばもう3月。春から社会人として活躍する人も多いと思います。

 

 

ネクタイの締め方や名刺交換の仕方を勉強していたのが懐かしい・・・

期待に胸が膨らむ時期ですが、社会人のマナーや仕事のやり方などこの時期は覚えることがたくさんあるのも事実。

 

生活環境もガラッと変わるので、しんどい思いをする時期でもあります。

効率よく社会人生活を送る上で、役立つアプリをこんな感じでまとめてみました。

  • スケジュール/タスク管理
  • 名刺管理
  • 情報収集

 

これから社会人になる方や、仕事で使えるアプリを探していた方は参考にしてみてください。

 

TODOを効率よく管理してくれるアプリ「Todoist」

f:id:mutant-tetsu:20170308165406p:plain

世界中で500万人以上が利用しているTODOアプリのTodoist

シンプルなデザインとその機能性が気に入っていて、長い間使っています。ほんとにオススメ。

 

スマホやパソコン、タブレットなど全てのデバイスで同期が取れて同僚や友人ともタスクを共有することも可能です。

 

有料版のプレミアム機能もありますが、無料版でも十分活躍してくれます。

Todoist:やるべきことリスト|タスクリスト
Todoist:やるべきことリスト|タスクリスト
開発元:Doist
無料
posted with アプリーチ

 

スケジュール管理アプリ「Lifebear」

こっちはスケジュール管理アプリの定番「Lifebear

使っている人も多いのでは?

 

スマホ以外にもパソコン上でもスケジュール管理ができるので、出先やオフィス内でスケジュール管理ができます。

 

大人気カレンダーLifebear 予定・ToDo・日記・無料
大人気カレンダーLifebear 予定・ToDo・日記・無料
開発元:Lifebear inc.
無料
posted with アプリーチ

 

様々な情報を即時に全デバイスへ反映「Push bullet」

Push bulletもオススメなアプリの1つ。

このアプリはなんて説明したらいいんだろう・・という位、ユーザー側の使い方で様々な使い方ができるアプリ。

 

機能としては、全デバイスに様々な情報をプッシュすることができるアプリのようなものです。

 

例えば、

  • パソコンのファイルやURL、住所情報をスマホにプッシュし持ち出す
  • 外出中、気になる記事URLをパソコンにプッシュして社内に帰ってゆっくり閲覧する
  • 他のデバイスに写真やPDFなどのデータをプッシュする
  • IFTTTと組み合わせて株価を通知する

 

こんな感じで色んなことができます。特にIFTTTとの連携は強力。

ifttt.com

PushbulletとIFTTTで、完全無料のプッシュ通知システムを作る | HeatApp!

 

Pushbullet - SMS on PC
Pushbullet - SMS on PC
開発元:Pushbullet
無料
posted with アプリーチ

 

超定番のメモアプリ「Evernote」

TodoistやPush bulletではカバーできない長めの文章や情報はEvernoteに投げ込んで行きます。

 

Evernoteも同じように共有できるので単なるメモアプリとしてではなく、仕事をする上での情報共有のツールとしても利用できます。

 

日頃、思いついたアイデアや仕事のメモはEvernoteに投げ入れています。

 

Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶
Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

 

情報収集の最強アプリ「Feedly」

以前、当ブログでも紹介しましたが自分だけの新聞紙が作れるようなアプリです。

www.mutant-tetsu.com

 

職種にもよりますが、情報を持っていると何かと仕事が捗るので自分が働く分野の最新の情報はFeedlyでフォローしておくようにするといいと思います。

 

feedly: your work newsfeed
feedly: your work newsfeed
開発元:DevHD
無料
posted with アプリーチ

 

膨大な量の名刺を管理してくれる「Wantedly People」

f:id:mutant-tetsu:20170308165419p:plain

すでに新人研修で名刺交換は始まっていると思いますが、社会人になればさらに多くの人と会い、名刺交換をします。

 

ケースに入れてデスク内に保管するのも1つですが、名刺はアプリで管理した方が効率が良いです。

 

Facebookを活用した求人サービス「Wantedly」がリリースした名刺アプリが活躍してくれます。

 

具体的には、

  • 10枚の名刺を一括スキャン
  • 連絡先をデータ化→素早く検索できる
  • 相手の特徴や趣味、会話内容をメモできる
  • オンラインで名刺の共有が可能

 

こんな感じで紙媒体の名刺をデータベースに管理することができます。

 

名刺入れに収納していくのもいいですが、数が100枚200枚となってくると場所も取るし、再度名刺を探すのも時間がかかりますからね。

 

アプリで管理した方が仕事の効率は上がります。

Wantedly People ビジネスに必須の名刺アプリ
Wantedly People ビジネスに必須の名刺アプリ
開発元:Wantedly, Inc
無料
posted with アプリーチ

いかがでしたでしょうか。ビジネスシーンで役立つアプリを紹介しました。

 

色んなアプリやツールを駆使して効率化すると、仕事の余裕が生まれますし時間も確保できます。

 

余った時間でさらに仕事をするも良し、自分への投資も兼ねて勉強に全振りするも良しです。

 

余った時間でブログを始めてみるのもオススメです笑 それでは今日はこの辺で。

はてなブログの評判ってどうなの?はてなブログのメリット・デメリットを考察してみた

ブログ運営

f:id:mutant-tetsu:20170302110612j:plain

こんにちは、てつです。

 

はてなブログを開設して10ヶ月。ひっそりとはてなブログをウォッチしてきましたが、はてなブログの評判でよく言われているメリット・デメリットを考えてみました。

 

 

ブログ運営を開始してから周りから、はてなブログの評判ってどうなの?と聞かれることが多くなったので、一度ここら辺で記事にしてみようかなぁと。

 

実際にはてなブログを1年近く運営してきて感じた、はてなブログの評判について考察してみます。

 

 

メリット①:コミュニティに参画しやすい

はてなブログを運営して感じた1番のメリット。

すでに「はてな」というコミュニティが形成されていて、0からのスタートではなくこのコミュニティに属する形で、ブログを開始できるのがありがたいです。

 

 

これがWordPressだと本当に0からのスタートになりますからね。

記事を書けども書けども誰も気づいてくれない、まさに陸の孤島。

 

Twitterでブロガーさんと積極的に絡んでいく方法もありますが、そういった事が苦手な方は、はてなブログがおすすめかと。

 

もちろん、はてなブログでも自分から積極的に絡むことも必要ですが、コミュニティに参加しやすい土壌(はてなブックマーク・スターなど)が整っています。

 

 

メリット②:リンクが集まりやすい

f:id:mutant-tetsu:20170302110613j:plain

ちょっとSEO寄りな話しになりますけど、はてなブログってリンク集まりやすいなと感じました。

 

WordPressに比べるとリンクが集まりやすいような。

 

メリット①で紹介したように、コミュニティを形成しやすいのでブログ記事の紹介をされる機会が多いように感じます。

 

 

実際にリンクの伸びを自分が運営している他サイトと比較してもリンクが集まりやすいと思います。

 

 

じゃあ、リンクが集まると良いことあるの?

 

という話しですが、これって結構大事なことです。

 

簡単に言うとリンクとは「支持」のようなものです。

 

 

例えば、私がどんな人でも痩せることができるダイエット法を発見したとします。

 

「1ヶ月で絶対痩せます!!」

 

と言ったところで誰も信じませんよね。

 

 

でも、このダイエット法をモデルさんが支持してくれたら、海外セレブが支持してくれたら信憑性がグッと上がると思います。

 

 

こんな感じでリンクが集まると記事の評価が上がり、SEO的に良いことが起こります。

 

以前ほど外部リンクは重要視されなくなりましたが、Google共同創業者のラリーペイジが考え出したアルゴリズムは今も検索順位を決める上で重要な指標になります。

 

リンクビルディングの戦略をあまり考えなくても、はてなブログではリンクが自然と集まりやすいなと1年近く運営してきて感じました。

 

 

メリット③:バズが起きやすい

これもはてなブログを語る上で外せないメリット。

要因としては、はてなが提供している「はてなブックマーク」というサービスが一役買っています。

 

記事を書いて公開した後、一定時間内にはてブが付いた場合に記事がはてなブックマークの新着記事に掲載されます。

 

さらにブックマークが付いていくと、はてなトップのおすすめ記事に掲載されたり、スマートニュースに転載されたりします。

 

こうなってくると拡散が拡散を呼ぶので、ドバッと記事にアクセスが流入してきます。

 

時々、ブログの1記事がヤフーニュースに掲載されたり、世論を動かすような事がたまにありますがはてな発の記事が多いなと感じているのは自分だけじゃないはず。

 

ヤフーニュースで取り上げられていた。

shinya-sheep.hatenablog.com

 

こっちは、はてな匿名ダイアリー。懐かしい。

anond.hatelabo.jp

 

 

メリット④:執筆だけに専念できる

これは他のブログサービスにも言えることですが、「ブログを書く」ということだけに専念できます。

 

もし、あなたがWordPressにするか、はてなブログにするかで迷っているのであれば「執筆だけに専念できる」という環境は結構重要になってきます。

 

 

WordPressでブログを運営する場合は、自分でサーバーを用意したりとはてなブログに比べて手間がかかります。

 

バズが発生してサーバーのスペックが足りない場合、サーバーが落ちたりしますからね。

 

さらにアクセスが増加してきて契約しているサーバーのスペックが足りなくなれば、サーバーの引っ越し作業も必要になります。

 

 

その点、はてなブログはバズが起きようが、炎上が起きようがサーバーが落ちることはほとんどありません。

 

 

ASKAさんがはてなブログでブログ開設をした時は、アクセスが集中し過ぎて落ちましたけど、15分位で復旧した時ははなてのエンジニアすげー!と思いました。

 

 

サーバーの運用など気にせず、「ブログを書くこと」だけに専念できる環境があります。

 

 

メリット⑤:SEOに強い場合がある

これもよく、はてなブログで言われるメリット。

ただ、この点に関してはケースバイケースです。

 

はてなブログの無料版などで利用できる、はてなのサブドメインの場合はSEOに強いです。

 

反対に、はてなブログPROに以降して独自ドメインを運用する場合は上記のメリットはなくなります。

 

詳しく説明します。

 

はてなのサブドメインとは、http://xxxxx.hatenablog.jpのようなドメインです。

 

こういったドメインの場合は、hatenablog.jpが本来持つドメインパワーの恩恵を受けるので、ブログを開設して日が経っていなくても上位表示されるケースが多いです。

 

 

一方、独自ドメインの場合は0からドメインを育てていくので上位表示されるようまでにははてなのドメインより時間がかかります。

 

 

こういった違いがあるので、「SEOに強い場合がある」と記載しました。

 

 

じゃあ、全部はてなブログのサブドメインで運用すればいいのでは?

と思いますが、自分は独自ドメイン派。

 

 

このブログも開設してすぐに独自ドメインに変更しました。

www.mutant-tetsu.com

 

 

サブドメインで運用するか、独自ドメインで運用するかは意見が分かれる所なので、自分の好きな方を、そして、その違いを抑えておけば混同することもないと思います。

 

 

デメリット①:炎上する危険も・・・

ここからは、はてなブログの評判の中で自分が感じたデメリットを紹介していきます。

 

 

先ほどメリットの箇所では「バズが起きやすい」ことを紹介しました。

 

これは裏を返せば炎上もしやすいと言い換えることができます。

 

基本的にはてなブログでバズが起きる時の流れは、

記事公開

  ↓

はてぶが複数付く

  ↓

新着・おすすめ記事に掲載

 

このような流れを取ります。

 

記事の内容いかんによっては炎上するケースもあります。

 

炎上しまくってブログ辞めましたというブロガーさんも何人か見てきたので、バズと炎上は表裏一体だなぁと改めて思います。

 

 

デメリット②:カスタマイズが限られる?

はてなブログではカスタマイズが限られるという話しも聞きますが、これはあまり自分はデメリットとは思いませんね。どう思います?

 

 

「ブログ」として運用する分に関しては何も問題ないと思いますが、確かにWordPressに比べてカスタマイズは制限されます。

 

 

ただ、ブログに関しては必要最低限の機能を備えているのであまり気にしてしなくてもいいかと思います。

 

デメリット③:表示速度が遅い

これは疑問の余地なく遅いと感じている人もいるかと。

これははてな側のサーバー側の問題なので、ユーザーがどうこうできるレベルではないですが・・・(ある程度はユーザー側で工夫もできます)

 

 

デメリット④:他社と比べると有料プランが割高?

これもはてなブログを選ぶ上でネックになっている人も多いと思います。

もちろん、はてなブログは無料で利用することも出来ますが

  • 独自ドメインで運用したい
  • 会社側が挿入している広告を非表示にしたい

このような場合には有料版(PRO)への移行が必要になります。

 

ちなみにPRO版の料金は

  • 1年契約コースで703円/月
  • 2年契約コースで600円/月

 

この金額をどう捉えるかでかなり変わってきます。

例えば、ライブドアブログは2015年5月に有料プランである「PREMIUMプラン」を無料にしています。

 

独自ドメインもOKなので、「おお!ライブドアブログめっちゃいい!」と思うかもしれませんが、注意点が1つ。

 

スマホ版ではライブドアブログが挿入した広告を非表示にすることができません。

f:id:mutant-tetsu:20170302105257p:plain

タイトル下と本文末尾の広告1等地に強制的にライブドア側の広告が挿入されます。

 

特に、現在はスマホからのアクセスが多数を占めるので、無料でPREMIUMプランを利用できるからといって、この2箇所に広告が挿入されるのはかなりの損失になります。

 

 

無料には無料なりの理由があるわけですね。

 

 

その点、はてなブログは有料プランに移行すればはてな側の広告を全て非表示に出来るので、自分の好きなように広告を挿入できます。

 

月間2500PVくらいあれば、有料分の金額は取り返すことができます。

www.mutant-tetsu.com

 

 

他社に比べて有料プランの金額だけを切り取れば高く感じるかもしれませんが、総合的に見れば決して高くはないと思います。

 

 

おわりに

はてなブログの評判の中でメリット言われているもの、デメリットと言われているものを考察してみました。

 

 

結論を言うと、ブログを運用するなら、はてなブログはオススメのブログサービスと思います。

 

 

友人がブログを始めたのをキッカケに自分もこのブログを始めましたが、今となってはやっぱりはてなで始めて正解だったなと思います。友人に感謝。

 

はてなブログか、WordPressか、他のブログサービスで迷っている方は無料版に関してはすぐに作れるので一度試しにアカウントを作って、はてなの雰囲気を体験してみるのもいいかと。

 

 

無料で運用してみて月間2500PVを超えたあたりから、有料版を意識してもいいと思います。

 

もちろん、そのまま無料版で運用するのもアリです。

迷っている方の参考になれば。それでは今日はこの辺で。

 

 

SSL化もアクセス増加対応も思いのまま。Mixhost(ミックスホスト)サーバーがすごい

webサービス/アプリ

f:id:mutant-tetsu:20170227115601p:plain

こんにちは、てつです。

 

先日、新しくWordPressでサイトを立ち上げることになりましてせっかくだから新しいサーバーを使ってみようかなという気持ちになりXサーバー以外のサーバーを使ってみることにしました。

 

そこで見つけたのが2016年にサービス提供が開始された「MixHost(ミックスホスト) 」というサーバー。

 

「お、なんか良さそうだ」ということで色々調べてみましたが、WordPressでSSL化したい方や「うちのサイト、スピードが遅いんだよねぇ」と感じている方は使ってみると面白いかも。

 

 

Mixhostとは?

株式会社アズポケットが提供するクラウドレンタルサーバーです。

簡単に言うとサーバー提供会社なわけですが、例えば国内でWordPressでサイトを作りたい!と思った時に様々なサーバーが検索でヒットすると思います。

 

  • Xサーバー
  • お名前.comサーバー
  • ロリポップサーバー
  • さくらのレンタルサーバー

 

他にもAWSなど色々あると思いますが、サクッと設定できるものは上記がよく話題に上ると思います。

 

どの会社も問題なく使用できるのですが、SSL化の対応であったりアクセスが増えた場合の対処など面倒な作業が必要なこともあります。

 

 

今回紹介するMixHost(ミックスホスト) は実際に使ってみると以下のような感じですごく使いやすいです。

 

  • SSL化が楽チン
  • サーバーの移転も会社が対応
  • サイトスピードの高速化
  • アクセス増加もプラン変更で楽々対応
  • コスパがすごくいい。無料お試し期間は業界最長

 

以下で詳しく説明していきます。

 

 

①ここがすごいぞMixhost!SSL化対応が楽チン

以前にGoogleがSSL化対応しているサイトを検索結果に反映すると発表して時間が経ちますが、SSL化に対応するか否かで迷ったサイト運営者も多いのでは?

 

これ、実際にやるとSSLの証明書取ったりすごく面倒なんですよね。

 

SSL化すると、http→httpsになってサイトのセキュリティが向上するわけですが、Googleが推奨してもなかなか重い腰が上がらなかったりします。

 

MixhostではこのSSL化も簡単に行うことができます。

mixhostでは、SSL証明書世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用した、独自SSLを無料でご利用いただけます。
SSLに対応したWebサイトを公開する事により、セキュリティの向上やSEO対策などに効果が期待できます。
また、mixhostではHTTP/2に対応していますので、SSLに対応する事により、表示速度の高速化も行えます。

無料独自SSLのご利用方法 | mixhostヘルプセンター

 

サポートページにはSSL化の利点とやり方が記載されていますが、驚くほど簡単ですよ。

 

 

②ここがすごいぞMixhost!サーバー移転も対応

これも嬉しいサービス。

例えば、別サーバーでサイトを運用している時にアクセスが増加してきて既存のサーバーから上位サーバーへ変更する機会はあります。

 

その時は他社に乗り換える場合も、同じサーバーで上位プランに変更する場合(クラウドレンタルサーバーは別)も自分でサーバーの移転が必要になるわけですが、その時に有料のオプションでWordPressのサーバー移転を全部お任せできちゃいます。

WordPress移転代行サービス | mixhost (ミックスホスト)

 

 

前にサーバーのスペックが足りなくて上位サーバーに移転をした場合、全て1人でやったのですがめちゃくちゃ手間がかかりますからね。

 

こういった移転のサポートが準備されているのはサイト運営者にとっても選択肢が広がるので便利です。

 

 

③ここがすごいぞMixhost!サイトスピードの高速化

これも他社と比較して、サイトスピードの改善に貢献してくれるようです。

他社は一般的なwebサーバーとしてApacheを使っていますが、Apacheよりも高速なLiteSpeedを使用していて、サイトスピードを大きく改善できるそうな。

 

ちなみにLiteSpeedを採用したのは国内初だとか。

 

最初はXサーバーの中でNginxが使われているWPXというサーバーを検討していましたが、こっちにしました。

LiteSpeedが大躍進 - 11月Webサーバシェア | マイナビニュース

 

 

④ここがすごいぞMixhost!アクセス増加にもプラン変更で対応可

こちらもMixHost(ミックスホスト) を使う上での利点かなと思います。

例えば、サーバーをレンタルしてブログやサイトを運営していくとアクセスが次第に増加していきますよね?

 

最初に契約したプランのスペックが低いと、後でサーバーの乗り換えを検討しないといけなくなるわけですが、Mixhost(ミックスホスト)の場合はプラン変更をするだけで対応できます。

 

 

ちなみにXサーバーの場合だと、X10プランからX20プランに乗り換える場合は一見プラン変更のようですが、サーバー自体の変更になるので移転と同じ作業が必要になります。(WPXは別)

 

このようにサイト(ブログ)の成長に合わせてサーバーを増強できるのも便利ですよねぇ。

 

ちなみにサイトのアクセスが減った場合の、ダウングレードも対応可能です。

 

こういったようにその時のアクセスに応じてリソースを最適化できるのは嬉しいですよね。

 

 

⑤ここがすごいぞMixhost!コスパがすごくいい

SSL化も無料で対応可能で、サイトスピードも既存のサーバーよりも良いとなると「結局、値段が高いのでは・・・」と思っていましたが、コスパもかなりいいです。

1ヶ月480円から利用ができて、なおかつ無料お試し期間が業界最長の30日間。

 

いやー、これはかなりコスパがいい。

 

もともとサイトの表示スピードを大きく改善したかったのでNginxを使っているサーバーを探していましたが、高速でSSL化も無料で対応できることを考えるとかなりコスパがいいですよ。

 

 

おわりに

Xサーバーの上位プランを検討していましたが、情報収集していると良さそうだったので、MixHost(ミックスホスト) で契約しました。

 

  • SSL化が簡単
  • サイトスピードの高速化

 

この2点が最終的な決め手となりました。

契約後、カスタマーと何回かやり取りしていますがレスポンスも概ね良好です。

 

有料オプションではありますが、サーバーの移転をプロにお願いできるのも嬉しいですね。

 

  • 契約しているサーバーが遅く感じる
  • SSL化を検討している

 

WordPressでサイトやブログを運営していて、これらが当てはまる方は候補に入れてみるのも良いと思います。それでは今日はこの辺で。

月額480円からの高速WordPressサーバー(SSL対応) Mixhost 

 

Copyright © 2016 MUTANT All rights reserved.