読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUTANT

SEOやブログマネタイズの手法を紹介しています。ブログを運営する上での役立つtipsを紹介していきます。

ブロガーにオススメしたい無料で使える写真フリー素材アプリ「Pixabay」を紹介するよ

webサービス/アプリ

f:id:mutant-tetsu:20170212121711j:plain 

こんにちは、てつです。

 

ブログを書く際に必要なものを挙げると、

  • 記事ネタ
  • 記事で使用する画像

大きく2つに分けることができると思います。

 

一度、記事ネタが決まるとババっと書き上げることができますが、自分で撮影した写真を使わない記事の場合、最後の画像選びで手がピタリと止まってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

そこで活躍するのがぱくたそのようなフリー素材で使える画像たち。

以前、当ブログでも無料で使えるフリー素材のサイト群を紹介しました。

www.mutant-tetsu.com

 

今回は、それに加えてアプリでフリー素材を検索できるPixabayを紹介します。

 

移動中などアプリでサクサク画像を見つけて保存できるので、特に日中は仕事でブログを書く時間が限られている人にオススメしたいアプリです。

 

 

フリー素材アプリ「Pixabay」とは?

ブログの画像に!フリーで使える写真や画像を目的別にまとめてみた【18選】 - MUTANT

↑こちらの記事でもPixabayのサイトは紹介していたのですが、 ぱくたそのようにパソコンからサイトにアクセスして使用するものでした。

 

先月(2017年1月)にAndroid版とiOS版をリリースしたようで、アプリも使ってみると使いやすい。むしろサイトの方よりサクサクして使いやすい。

 

Pixabayアプリ版の使い方

というわけで、さっそくアプリの使い方の紹介をしていきます。

まず各アプリストアから「pixabay」をインストール。

pixabay
pixabay
開発元:Pixabay.com
無料
posted with アプリーチ

 

今回はiOS版をベースに使い方を紹介していきます。

 

アプリを開くと初期画面が表示されます。

左側にスワイプすると、全カテゴリの写真が人気順や新着順に表示されています。

f:id:mutant-tetsu:20170212121718j:plain

 

 

初期画面から右側にスワイプするとカテゴリ毎に分類されています。

f:id:mutant-tetsu:20170212121723j:plain

 

カテゴリー毎に分類された画面はこんな感じ。あらゆるジャンルのブログに使える画像が揃っています。

f:id:mutant-tetsu:20170212121623j:plain

 

 

ちなみに初期画面からは任意のワードで検索することができます。

 

Pixabay自体が海外のサービスなので英語での検索がメインとなりますが、日本語のワードでも検索はヒットします。(ただし、英語の検索に比べるとヒット数は少なくなる)

f:id:mutant-tetsu:20170212121637j:plain

87万枚以上の無料フリー画像を備えているので、「目的の画像が見つからない」という事態に陥ることはないかと。

 

 

Pixabayで画像を保存する

目的の画像が見つかれば、まず画像をタップします。

すると、目的の画像の詳細画面へとなります。

 

ここで画面上部から

  • 端末にダウンロード
  • アプリからメールやTwitter、Evernoteなど外部アプリに送信

と選ぶことができます。

f:id:mutant-tetsu:20170212121649j:plain 

 

 

ここでは端末にダウンロードする方法を紹介します。

 

 

ダウンロードを選択すると、画像サイズを選択できます。

ブログで使う画像を想定するならば、Sサイズ(640×427)がちょうどいいかと思います。

f:id:mutant-tetsu:20170212121641j:plain

 

あまり大きな画像を使いすぎると記事の読み込み速度が重くなりますからね。

 

特に現在はブログへのアクセスはモバイルからのアクセスが多数を占めるので、できるだけ画像を軽くした方がいいです。

www.mutant-tetsu.com

 

 

サイズを選択すると下部に「Save Image」と表示されるのでタップすることで端末に画像を保存することができます。

f:id:mutant-tetsu:20170212121655j:plain

 

初回の操作で(Pixabayが)カメラへのアクセスを許可しますか?と表示されるので「はい」を選択すると、表示されます。

 

表示されない方はiPhoneの操作で

設定>Pixabayから写真へのアクセスをオンにしましょう。

f:id:mutant-tetsu:20170212121701j:plain

 

端末に保存しなくていい、パソコンですぐに使いたい!という方は

端末に保存せずにパソコンでブログを書いているからパソコン上でそのまま使いたいという人は、お気に入り機能を使うといいと思います。

 

 

写真の右下に⭐︎のアイコンがありますが、こちらをタップすることでお気に入りを付けることができます。

f:id:mutant-tetsu:20170212121706j:plain

 

お気に入り機能を使うにはGoogleやFacebookアカウントでログインします。(無料)

 

あとはパソコン版のPixabayを開いた時に、プロフィールページの「お気に入り」を開くとスマホでお気に入りした画像がパソコン上でも反映されています。

f:id:mutant-tetsu:20170212121725j:plain

この方法が1番楽かも。

 

まとめ

いかがでしょうか。 無料素材サイトはたくさんありますが、数十万点を超えるフリー素材を備えていて、かつアプリからサクサク画像を探せるPixabayはなかなか便利です。

 

 

特にブログを書く時間がなかなか確保できない方は、スキマ時間にこういった作業をすることで執筆時間を短縮することができます。

もちろんブログ以外にも壁紙に使ったり、色々と使えそうです。

 

 

同じくネタ探しもスキマ時間を利用することで執筆時間を短縮することができますよ。それでは今日はこの辺で。

www.mutant-tetsu.com

 

Google公式が日本語検索の評価方法を改善。GoogleさんGJです。

ブログ SEO

f:id:mutant-tetsu:20170204061241p:plain

こんにちは、てつです。

 

昨日、2月3日にGoogleのウェブマスター向け公式ブログで日本語検索の評価方法改善を行った旨の投稿がされました。

 

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 日本語検索の品質向上にむけて

 

自分的にはこの内容に軽く衝撃を受けたのですが、やっぱりあのWELQ問題が背景にあるのでしょうか。

 

今回はGoogleの日本語検索の改善について言及します。

 

 

Googleから発表された内容

2017年2月3日にGoogleのウェブマスター向け公式ブログで「日本語検索の品質向上に向けて」というタイトルで以下のような内容がポストされました。

 

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。

その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

 

 

淡々と報告している感じもしますが、対象サイトを厳しく暗に非難しているような。

 

Googleは特定のサイトについて言及していませんが、この記事を読んだ時に頭に浮かんだサイトは満場一致であのサイト群だろうなぁと思った人も多いのでは?

 

さっそくそれについてSEOの辻さんが言及されていますね。

キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い - ITmedia NEWS

 

Google自体は特定のサイトに言及しておらず、あくまで外部がこうだろうと予想しているものなので、これが確定かどうかはまだ分かりません。

 

 

ただ、Googleが指摘する検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトに該当するものは今後、順位を大きく落とすのは確定したようなものなので、結果はすぐに分かると思います。

 

 

WELQ問題が急浮上して、DeNAが一気に全キュレーションサイト群を閉鎖した後、RETRIPのような他会社が運営するキュレーションサイト群は無断転載している画像をインスタグラムの埋め込みに変更したり、問題がありそうな記事をこそっと差し替えたりしていましたけど。

 

仮に今回のGoogleのアルゴリズム変更がキュレーションサイトを対象にしていると仮定すると、中の人はどんな気持ちで過ごしているんですかねぇ。

 

 

「コンテンツの質」という定義は難しい

Googleの公式ブログでもよく出る、「コンテンツの質」という言葉。

これって一見、すごく分かりやすいようだけど深く考えるとよく分からなくなります。

 

何を持ってGoogleはコンテンツの質を判断しているのか?

 

ずっと考えていた時期もありましたが、最近はこれについてあまり考えなくなりました。

 

なぜなら、

何を持ってGoogleはコンテンツの質を判断しているのか?

という考えは、ユーザーの方を向いてなくてGoogleの機嫌を伺っている状態なんですよね。

 

 

気合いを入れて書いたコンテンツがキュレーションのようなパクリコンテンツに負けるのは歯がゆい気持ちでしたが、良い記事を投入し続ければいつか日の目を見るだろうと。

 

 

メタタグや見出しタグの使い方など最低限のお作法は抑えておくとして、あとはコンテンツに全力投球で良いかなと思っています。

 

 

おわりに

今回のGoogleの対応で、その対象は広がっていくと思います。

 

今までサイト上位を占めていた低品質なサイトが一掃され、今まで日の目を見なかったサイトの順位が上がればいいなと思います。

 

丁寧に作ったコンテンツが下位でパクリコンテンツが上位だった今までの状況が異常だったわけで。

 

本来のあるべき姿になるのはまだまだ時間がかかると思いますが、良い形でブロガーにも反映されたらいいなぁと思います。それでは今日はこの辺で。

 

 

強力な情報収集ツールとなりえるfeedlyの使い方を詳しく紹介するよ

webサービス/アプリ

f:id:mutant-tetsu:20170123141102j:plain

こんにちは、てつです。

 

いきなりですが、あなたは普段どうやって情報収集をしていますか?

 

ニュースサイトを巡回したりニュースアプリをスマホにインストールしたりと色々な方法で情報収集をしていると思います。

 

数々のツールがありますが、そんな中でfeeldyを使っている人は多いと思います。

feedlyは自分の好きなブログ、ニュースサイトをフォローできるのでカスタマイズ次第で自分好みの強力な情報収集ツールになってくれます。

 

でも、英語表記でイマイチ使い方が分からない・・・という声もよく聞きます。

 

自分の友人もイマイチ分からないと言っていたし、知り合いのブロガーさんもよく使い方が分からないと言っていたので、良い機会なのでガッツリ使い方の紹介記事を書きました。

 

というわけで今回は、feedlyのパソコン版とアプリ版の使い方やオススメサイトを紹介します。

 

こんな人にぜひとも読んでほしい。

  • feedlyは知っていたけどイマイチ使い方が分からない
  • feedlyってなに?使うと良いことあるの?

 

特にブロガーの方は情報収集ツールとしてfeedlyはオススメしたいのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

ちなみに色々書いていたら5000文字になってしまったので、必要な情報だけ知りたい方は見出しからジャンプして下さいませ。

 

feedlyとは?

そもそもfeedlyとはなんぞや?という点ですが、さっそくwikiで調べてみましょう。

FeedlyとはいくつかウェブブラウザiOSAndroid携帯端末に対応しているニュースアグリゲータアプリケーションである。

Feedly - Wikipedia

 

なるほど、全く分からん。

 

 

feedlyはRSSリーダーとも言われますね。

 

イメージしやすいように言うと、feedlyは自分でカスタマイズできる新聞のようなものです。

 

例えば読売新聞を取っている家庭で、新聞全部を読む人もいれば経済欄やスポーツ欄だけ読みたいという人もいると思います。

 

理想を言えば、毎日新聞や日経など他の紙面の経済欄も全て網羅したい!という場合もあるとします。

 

現実では全ての新聞と契約をする必要があるわけですが、feedlyは自分が知りたい情報だけ(ニュースやブログ)をフォローすることで、毎日その更新情報が手元で一括で見れるようになります。

 

 

feedly自体、2008年にリリースされたサービスですが、今も利用されているアプリで私自身いつも愛用させてもらっています。

 

 

feedlyを使うメリットとは?

じゃあ、そのfeedlyを使うことでどんなメリットがあるの?

というわけですが、自分の知りたい情報だけをフォローできるので、自分好みの新聞を作れるわけです。しかも無料。

 

ビジネスマンや就活中の学生はもちろん、ブロガーの情報収集ツールとしても活躍してくれます。

 

便利なfeedlyですが全て英語表記であるため扱い辛い面もあります。

 

なので、ここからはfeedlyのパソコン版とスマホアプリ版の使い方を紹介していきます。

 

最後に自分がフォローしているオススメサイトも紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 

feedlyの使い方(パソコン版)

feedlyはデスクトップアプリも展開していますが、ここではweb版での使い方を紹介していきます。

 

feedlyにログインする

それではさっそくパソコン版のfeedlyの使い方を紹介していきます。

まずはfeedlyのサイトのアクセスしてアカウントを作成していきます。

feedly. Read more, know more.

 

f:id:mutant-tetsu:20170123124320j:plain

アカウントの認証を求められるので任意のものを選択します。facebookでもいいし、Googleアカウントでもいいです。自分はGoogleアカウントでアカウントを作成しました。

 

自分の好きなサイトやブログをフォローする

次にfeedlyのメイン機能でもある、フォローするサイトやブログを追加していきます。

こうすることで、そのサイトやブログが記事を公開するたびにfeedlyに追加されていきます。

 

追加する方法は簡単で、画面右上の検索窓にフォローしたいサイトやブログのURL(もしくは名称)を入力するだけです。

f:id:mutant-tetsu:20170123124334j:plain

なお、名称を入力するよりもURLを入力する方が確実です。

 

試しにTHE BRIDGEをフォローしてみます。

http://thebridge.jp/news/

 

すると検索結果が返ってくるので「FOLLOWING」を押してフォローを完了させます。

f:id:mutant-tetsu:20170123124301j:plain

この時にフォローボタンを押すと初めてアカウントを作成した場合だと、collection nameの入力を求められます。

 

これはフォルダー名のようなものです。あとで自分がフォルダー分けしやすいように名前を付けて「CREATE」で完了させます。

 

これで画面左側に新規作成したフォルダと追加したサイトが反映されました。

f:id:mutant-tetsu:20170123124303j:plain

これでこのサイトが新着記事を公開する度にfeedlyの画面でこのサイトを購読できるようになります。

 

feedlyで新着記事を読む

サイトを追加することで、新着記事がfeedly上にどんどん反映されていきます。

主に使うのは2つ。

 

今日の新着記事を確認したい時は「Today」を。

フォルダー毎の新着記事を確認したい時は、そのフォルダーの箇所をクリックします。

f:id:mutant-tetsu:20170123124329j:plain

 

あとは上から順に記事のアイキャッチ画像、タイトル、本文の冒頭が反映されているので、読みたい記事をクリックします。

f:id:mutant-tetsu:20170123124327j:plain

 

feedlyのあとで読む機能を活用する

feedlyのもう1つの便利な機能が「あとで読む機能」

フォローするサイトやブログが50個、100個と増えていくと反映される記事は膨大になります。

 

ここから自分が読みたい記事やあとでじっくり精読したい記事を選ぶわけですが、その時にこのあとで読む機能が活躍してくれます。

 

方法はとても簡単で、任意の記事上部にある画像のアイコンをクリックすることで記事が追加されます。

f:id:mutant-tetsu:20170123124332j:plain

 

 

あとは画面左側にある「Saved for later」で追加した記事を確認できます。

f:id:mutant-tetsu:20170123124322j:plain

なお、再度アイコンをクリックすることで追加した記事を「あとで読む」リストから外すこともできます。

 

 

フォルダー分けやリネームを使いこなす

ここまで下記の使い方を紹介しました。

  • feedlyのアカウント作成
  • フォローしたいサイトを追加
  • あとで読む機能を使ってみる

 

最後に、追加したサイトを見やすいようにフォルダー分けをしたり新しいジャンルのフォルダーを用意したりする方法を紹介します。

 

フォルダーの名称を変更する

あとでフォルダーの名称を変更する方法は簡単です。

f:id:mutant-tetsu:20170123124317j:plain

画面左の「PERSONAL FEEDS」の右にある歯車アイコンをクリックし、任意のフォルダーの鉛筆アイコンをクリックすることでフォルダー名称を変更できます。

 

フォルダーを新規作成する

それでは次にフォルダーを新規作成する方法をします。

 

今回は例としてYahoo!ニュースをフォローし、国内ニュースフォルダーを新設してみます。

Yahoo!ニュース

方法はとても簡単で、サイトを追加>CREATE A COLLECTIONでフォルダーを追加という流れです。

f:id:mutant-tetsu:20170123124310j:plain

 

様々なジャンル、例えばアプリ、アニメ、映画、音楽などのサイトをフォローした際にそれぞれのカテゴリーに応じたジャンル分けをしておくと管理が楽になります。

 

 

フォルダーからフォルダーにサイトを移動する

様々なサイトをフォローしていくと、あとでフォルダーからフォルダーへカテゴリ分けを移行したくなるケースもあるかもしれません。

 

そんな時でも簡単にフォルダーの移行ができます。

 

まず画面左側の歯車アイコンをクリックし、フォルダーの管理画面を展開します。

f:id:mutant-tetsu:20170123124312j:plain

 

次にフォルダーからフォルダー間へ移動させたいサイトをドラッグ&ドロップします。

f:id:mutant-tetsu:20170123113636g:plain

 

簡単にサイトのフォルダー分けができますね。

 

 

追加したサイトを削除する

いったんフォローしてみたものの、やっぱりフォローを外したいな・・・という場合もあると思います。

 

そういった時は、

画面左の歯車アイコン>任意のサイト横にある×アイコンをクリックでフォローを外すことができます。

f:id:mutant-tetsu:20170123124315j:plain

なお、フォルダー名の横にも同じように×アイコンがありますが、こちらでフォルダーを削除することもできます。

 

フォルダーを削除するとフォルダー内にあるフォローしているサイトも一緒に削除されてしまうので、その点だけ注意しましょう。

 

feedlyの使い方(スマホアプリ版)

feedlyにはスマホアプリも用意されています。電車の移動中や外出中でも情報収集ができるので、スキマ時間をうまく活用できます。

 

iOS版、Android版どちらも出ているのでストアで「feedly」と検索すればヒットします。

 

スマホアプリ版では、下記の機能紹介します。

  • サイトを追加する方法
  • アプリ版で記事を読む方法
  • あとで読む機能の使い方

 

なお、iOS版をベースに説明します。

サイト版と同じくGoogleやfacebookでアカウントを作成しますが、アカウントを作成することで、サイト版とアプリ版で同期することができます。 

 

feedlyアプリ版でサイトを追加する

画面右上にある虫眼鏡アイコンからフォローするサイトを追加します。

フォローしたいサイトのURLや名称を入力します。

f:id:mutant-tetsu:20170123140552j:plain

 

右側に+のアイコンがあるのでこちらでフォロー追加します。

 f:id:mutant-tetsu:20170123140553j:plain

 

サイト版と同じく既存のフォルダーに振り分けるか、新規でフォルダーを作成します。

 f:id:mutant-tetsu:20170123140554j:plain

 

アプリ版で記事を読む方法

アプリ版で記事を読む時もサイト版と同じような流れです。

f:id:mutant-tetsu:20170123140556j:plain

画面左上のハンバーガーメニューから、おなじみの画面に遷移できます。

 

  • Today
  • Saved For Later

 

ここから今日の新着記事やあとで読む記事を確認できます。

なお、下部にはそれぞれのフォルダーも表示されているので、自分が読みたいジャンルに絞って読むことも可能です。

 

 

アプリ版であとで読む機能を使う

最後にアプリ版のあとで読む機能の使い方を。

 

f:id:mutant-tetsu:20170123140557j:plain

サイト版と同じく記事上部にあとで読むボタンが配置されているので、こちらをタップするだけです。

 

あとで読むボタンの右側にあるTwitterアイコンからは、Twitterで記事をシェアすることも簡単にできます。

 f:id:mutant-tetsu:20170123140559j:plain

 

おわりにオススメサイトを紹介

ここまででfeedlyの使い方を紹介しました。他にも細かい機能はありますが、上記で紹介した内容さえ抑えておけば問題なく使えると思います。

 

最後に私がフォローしているオススメサイトを紹介して終わります。最後まで付き合ってもらってありがとうございました!

 

国内

THE BRIDGE

世界のスタートアップ情報が掲載されているサイト。TECH系の記事多め。

 

SEOに役立つホットな話題をブログで配信:SEO HACKS公式ブログ

アプリ情報プラットフォーム「Appliv」を運営するナイル株式会社のSEOブログ。更新頻度は少ないけど、超オススメ。

 

UX MILK | クリエイターのためのUXメディア

こっちもお役立ち記事たくさんのサイト。

 

 

海外

Moz Blog - SEO and Inbound Marketing Blog - Moz

海外の超有名なSEOに関する情報サイト。

 

https://www.quicksprout.com/blog/

(ブログ)マーケティングの第一人者として有名なNeil Patelさんのブログ。ここもすごい。

 

Tech in Asia - Connecting Asia's startup ecosystem

海外の、とりわけアジア圏のTECH情報やスタートアップ情報にフォーカスしたサイト。日本のスタートアップも紹介されたりしています。

  

 

こんな感じで自分が気になる分野のサイトをフォローしておけば、

 

毎日!全世界の情報がッ!

 

手元のデバイスに届くわけです。これってすごくないですか?

 

feedlyを使い出したのはかなり前ですが、初めてfeedlyに出会った時は震えました。

 

Inoreaderなど他にもRSSフィード系のツールはたくさん出ていますが、個人的にはfeedlyが1番しっくり来ます。

 

 

feedlyをまだ使ったことのない人も、知っていたけどうまく使いこなせてない人もこの機会にぜひ使ってみてください。それでは今日はこの辺で。

台中は台湾人が住みたい都市No.1と聞いたけど、実はNo.1じゃないのかもしれない

台湾旅行

f:id:mutant-tetsu:20170116112942j:plain

こんにちは、てつです。

今日は、実際に台湾の台中という所に住んでみた結果、ネットで見た情報と違うぞ??
と思ったので、そのことについて触れたいと思います。

 

台中は台湾人が住みたい都市No.1?

台湾に行く前にネットでこんな情報を見かけました。


「台中は台湾人が住みたい都市No.1」

 

訪台する前、台湾の情報について疎い私は台北が台湾で1番発展しているエリアで、台中(台北の下側)は台湾人が住みたいって言ってる位だから、快適な場所なんだろうなぁ
と思っていました。

 

その後、台北で2ヶ月ほど生活してから台中に移動しました。

 

この時の自分の考えとしては、台北だけを見て台湾を知った気になるよりも他のエリア(しかも台湾人が住みたい所No.1って言ってる)も見た方がより台湾のことを知れる機会になるなと思って台中で実際に暮らしてみました。

 

(少なくとも)私には住みたい都市ではなかった

実際に台中に移動して住み始めたのですが、台中ってMRT(地下鉄)がないんですよね。


もちろんそれは事前に知っていましたし、変わりにバスが▲kmまでは無料(何キロか忘れた)、Ubike(レンタル自転車)も無料みたいな情報を仕入れていました。

 

しかし、海外生活をする者にとってMRTがないことがこんなに不便だとは・・・


台中住みの友人と一度、自宅→台中駅→自宅とバスで移動してみましたが、台湾人であるはずの友人でさえも台中駅→自宅までのバスルートで迷う始末。

 

「え、絶対自分は無理じゃん」と、この時思いました。

 

台北の生活でMRTを当たり前に利用していましたが、海外の知らない土地で移動手段が不便なことがこんなに堪えるとは・・・


その後バス移動には慣れたので問題なく移動できるようになりましたが、その時から台中はMRTがなくて移動に不便だなぁと感じるようになっていました。

 

徒歩ルートが危ない

基本的に在台中の人の移動手段はバイクか車になります。
自分はバイクも車も持っていないので、バス以外のルートは徒歩になるわけですが、これがとても危ないんですよね。

 

歩道が整備されてないし、バイクや車が路駐されているから歩道をまともに歩くことができません。

すぐ隣には車がガンガン走っているような感じです。

 

もちろん全てのエリアの歩道が整備されてないわけではなく、しっかり歩道が整備されたエリアもあるのですが、台北に比べるとやはり歩き辛いです。

 

答えが見つかった

あれ・・・台湾人が住みやすい都市って言ってたのに全然住みやすさを感じないな・・・

これは自分が日本人だから住みやすさを感じないのか・・・とモヤモヤしていた時に答えが見つかりました。


新竹(台北の左下にある都市)に住む別の台湾人の友人とご飯を食べる機会があったのですが、この時にモヤモヤが晴れました。

 

友人に開口一番
「なんで台中に住んでるの??」
と聞かれたわけです。

 

自分は台北には住んだので、台湾人が住みたい都市No.1という台中に住んでみたかっただけと話しました。

 

そして、自分がそう思った根拠となったソースを検索して、「ほら、日本ではそういった情報が出ているんだよ」と言うと友人は爆笑。

 

友人の口からは

「台中が住みやすい都市No.1なんて初めて聞いたよ」

と驚きの言葉が。

 


友人曰く、台中は物価が安く確かに物価だけを切り取るなら住みやすい都市だと思う。でも、MRTもないし観光できる場所や遊べる場所もそんなにない。


隠居している人には生活費が安いので住みやすいかもしれないけど、若者やビジネスをしたいと考える人が住むには不便な都市だよと。

 

その友人が思う順位は
1位:台北
2位:台南(台湾の京都みたいな所)
3位:高雄(ご飯が美味い)

 

この友人の偏った意見かもしれないので、念のため他の友人にも聞いてみました。


新竹、台北、台南出身者に聞きましたが、やっぱり皆同じような答えで台中は住みやすい都市No.1とは思わないという回答でした。

 

 

まとめ

ネットの情報で「台中が住みやすい都市No.1」っていうのは鵜呑みにしない方がいいのでは?と自分の実体験を交えて紹介しました。


実際に台中に住んだ上での経験談ですが、(まだマンションの契約が残ってる・・・)ご飯が美味しいお店もあるし、楽しく生活は出来るんですけどね。

 

でも日本人が「台中って台湾の中で住みやすい都市No.1だよね」って話していたら、私は間違いなく「いや、ちょっと待て」とツッコミを入れると思います。


こればっかりは実際に住んでみないと分からないし、他の人が住んでみると「おお、住みやすい!」ってなるかもしれませんけどね。

 

少なくとも自分はネット上で出ている台中No.1説には疑問を持ちました。それでは今日はこの辺で。

アドセンスの関連コンテンツの収益ってぶっちゃけいくら位なの?計算してみた

ブログ運営

こんにちは、てつです。

 

先日、ブロガーさんと話していたら「アドセンスの関連コンテンツってどうなんですか?」という話題に。

 

そういえば、アドセンスの関連コンテンツはあまり意識したことがなかったなぁと思い、良い機会なのでアドセンスの関連コンテンツの収益を計算してみました。

 

アドセンスの関連コンテンツ気になっていた!という人の参考になれば。

 

アドセンスの関連コンテンツってなに?

関連コンテンツっていうのは、ある程度のPVがあるブログやサイトに解放されるアドセンスの機能です。

 

公式サイトではこのような形で説明がされています。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。

関連コンテンツ機能について - AdSense ヘルプ

 

簡単に言うと、多くのブログで導入している記事下の関連記事と同じようなものを実装できる機能です。そして、この関連記事一覧の中にアドセンスの広告が挿入される形になります。

 

f:id:mutant-tetsu:20170110140335p:plain

画像のような記事下の関連記事に広告が挿入されているものを見たことがある人も多いのでは?

 

関連コンテンツの導入には、Googleの承認が必要

この関連コンテンツの機能ですが、全てのブログやサイトが導入できるわけではありません。

アドセンスを登録しているブログで一定のアクセス数があるブログやサイトにのみ解放されます。

 

これは、ある日いきなりメールで通知されるのでユーザー側が申請をする必要はありません。

Google様からのお誘いを待つのみです。

 

自分の場合は、35万PVあたりで気づいたらお誘いがありました。

 

ただ、この審査基準はGoogleは明確にしていませんし、Googleからのお誘いがあったのもかなり前なので現在は変わっています。

 

現在は、10万PV以下でもお誘いメールが来る事例が多数報告されています。

 

前提として、すでにアドセンスを運用している必要がありますが以前より導入しやすくなっています。

 

関連コンテンツの収益はどの位?

冒頭の話になりますが、ブロガーの方から質問を受けたのが関連コンテンツはどの位の収益になるのか?という点です。

 

実際に自分のサイトでアクセス数と関連コンテンツの収益を計算したところ、1PVあたり0.03円でした。

 

これに他で配置している広告ユニットを足すとサイト全体のアドセンス収益は、1PVあたり0.42円になります。

 

関連コンテンツはメインの収益にはなりませんが、他の広告ユニットと組み合わせる補助的な立ち位置ですね。

 

関連コンテンツの収益は記事直下などのメイン広告に比べると見劣りしますが、関連コンテンツを設置することで、平均してPV数が9%上昇、滞在時間が10%向上するというGoogleのデータがあるので、収益以外の恩恵の方が大きいと思います。

 

はてなブログで関連コンテンツを設置する

Googleの関連コンテンツ機能が利用できなくても、自分で関連コンテンツを設置する方法はたくさんあります。

唯一違う点は、関連コンテンツの中に広告が挿入されないだけです。

 

Google曰く、ブログの回遊性や滞在時間が向上するらしいので関連コンテンツの設置を検討してみても面白いと思います。

 

はてなブログで関連コンテンツを実装する方法は、

  • 関連コンテンツの外部サービスを利用する
  • コードを修正して表示させる

 

このどちらかになると思います。外部サービスでは、Milliardを導入している人が多いようです。

Milliard関連ページプラグインについて | シスウ株式会社

 

コードに手を加えて関連記事を表示させる方法はすでに紹介されている記事があるので、そちらを紹介します。

www.aritai.net

www.yukihy.com

 

おわりに

アドセンスの関連コンテンツの機能が解放されたら既存の関連コンテンツ部分をGoogleのものに差し替えるのをオススメします。

 

まだブログを開設したばかりの方でこの機能が解放されていない人は、上記で紹介したような方法で関連コンテンツを実装できます。

 

Wordpressだとすでに組み込まれているテーマが多いですが、はてなブログではこれがないので、自分でカスタマイズする必要があります。

 

とは言ってもすぐに実装可能ですし、関連コンテンツを導入することでアクセスが改善される可能性もあるので検討してみてはいかがでしょうか。それでは今日はこの辺で。

 

 

Copyright © 2016 MUTANT All rights reserved.