MUTANT

SEOやブログマネタイズの手法を紹介しています。ブログを運営する上での役立つtipsを紹介していきます。

アドセンスでプログラムポリシー違反の通知が来た時の対策方法

f:id:mutant-tetsu:20170706114512j:plain

こんにちは、てつです。

 

先日、Googleからアドセンスのプログラムポリシー違反のメールが来ていました。

「君のところのサイト、ポリシー違反があるから修正してな」

ってやつです。

 

これって初めて貰った時は、かなり焦ってしまうんですよね。

 

記事を公開して1年近く経ってるのになんでこのタイミング?と思う場合もあります。

 

ないことに越したことはありませんが、アドセンスのプログラムポリシー違反を受けた場合の対処法を説明していきます。

 

アドセンスのペナルティ通知はいきなりやってくる

実際にGoogleから送られて来たメール本文です。

お客様の AdSense アカウントは AdSense のプログラム ポリシーに準拠するよう修正していただく必要がありますので、警告メッセージとしてお知らせいたします。

お客様に必要なご対応などの詳細については、下記をご覧ください。

対象のウェブサイト: xxxx

ポリシー違反が発生しているページの一例: xxxx

必要な対応: AdSense のプログラム ポリシーに準拠するよう、必要な変更をただちに行ってください。 

 

いやー、いきなりこんなのが送られて来たら焦りますよね。

 

でも、この時点では「警告」の段階なのでアドセンス広告はアクティブで問題なく収益は上がっています。

 

そうは言っても放置していると次の段階のペナルティを受ける可能性があるので、すぐに対応します。

 

アドセンスのポリシー違反を修正する

メール本文中にはどの記事がどういったポリシー違反を指摘されているのかはざっくり説明がされています。

 

今回、指摘されたのは「偶発的なクリックの促進」

つまり、バナー広告の誤クリックを誘導する恐れがあるというものでした。

 

さっそく指摘のあった箇所を修正します。

 

具体的な解決方法としてGoogleが提案するのはこんな感じ。

 

ページのコンテンツに関する通知を受け取られた場合は、該当するコンテンツをサイトから削除するか、違反に該当するページから広告を削除してください。


サイトでの広告の掲載方法に関する通知を受け取られた場合は、掲載方法に必要な変更を加えてください。

 

つまり、コンテンツ(記事)にポリシー違反の指摘があった場合は、

  • 該当記事を削除する
  • 該当記事からアドセンス広告を削除する

のいずれかです。

 

自分のケースのように広告位置で指摘を受けた場合は、掲載方法を変更します。(誤クリックしないよう広告と分かりやすくするなど)

 

注意したいのが、メールで指摘されている箇所が全てではない可能性があるというもの。

 

Googleからのメールでも説明がされています。

また、上記の URL は一例に過ぎず、このウェブサイトの他のページやお客様の他のサイトにも同様の違反が発生している可能性があります。

今後 Google から警告を受けないようにするには、すべてのサイトがポリシーに準拠しているかをご確認ください。

 

とりあえず該当箇所を修正したので、次にGoogleアドセンスの管理画面から修正済みであることを報告します。

 

Googleアドセンスの管理画面から修正を報告する

メールで指摘されている該当記事を修正した後、Googleアドセンスの管理画面にアクセスします。

www.google.co.jp

 

f:id:mutant-tetsu:20170706112413p:plain

管理画面にログインすると赤色で警告されていますね。

右側の「操作」をクリックすると今回、指摘されている内容の概要が表示されます。

 

1番下側に「解決済み」のボタンがあるので、こちらをクリックします。これでおしまい。

 

一度、管理画面に戻って確認してみると・・・

f:id:mutant-tetsu:20170706112410p:plain

 

先ほどの警告は消えていますね。

 

ペナルティによっては解決済みをクリックしても数日、残っているケースも報告されています。これも問題なければ数日で表示は消えます。

 

アダルトコンテンツは注意すべき

はてなブロガーの場合はアダルトコンテンツにはかなり注意した方がいいと思います。

アドセンス停止と併せて、はてなブログから追い出される可能性もありますからね。

 

アダルトコンテンツはうちは載せてないよ!と言っても、ペナルティは予想外の所から飛んで来たりもします。

 

過去にもカブトムシ、クワガタの飼育ブログで昆虫の交尾を記事にしたブログがペナルティを受けたという事例もありますので、本当に予測不可能です。

matome.naver.jp

 

2014年の出来事なので、こういったトンデモ手違いは修正されていると思いますが、本当によく分からない所から指摘が入ったりします。

 

ブログ投稿主にそういった気がなくてもGoogleがアダルトと判断すれば、それはアダルトです。

 

その他にも

  • 著作権が絡む投稿
  • 暴力的な投稿
  • ビールやアルコールの高いお酒、タバコの販売に関する投稿

細かくプログラムポリシーは規定されています。

ちなみにビールはダメだけど、ワインはセーフみたいです笑

AdSense プログラム ポリシー - AdSense ヘルプ

 

おわりに

普通にブログを運営していれば、Googleからポリシー違反を受けることはありません。

受けたとしても、指摘箇所を修正して解決済みにすれば問題ありません。

 

アドセンスの停止は受けたことがないので、それ以上先のペナルティについては言及できませんが、普通に運営していればアドセンス停止まで行くことは稀じゃないかなと思います。

 

忘れた頃にやってくるアドセンスのポリシー違反ですが、冷静に対応すれば問題なく対処できますので頭の片隅にでも・・・それでは今日はこの辺で。

 

 

Copyright © 2016 MUTANT All rights reserved.