読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUTANT

SEOやブログマネタイズの手法を紹介しています。ブログを運営する上での役立つtipsを紹介していきます。

はてなブログで使うAmazonの広告が小さい?それなら便利なツールがありますよ

f:id:mutant-tetsu:20160621103618j:plain

こんにちは、てつです。

先日、友人のブログを見ているとAmazonアソシエイトの広告が挿入されていました。

いつの間にかAmazonアソシエイトにも申請していたとは!

公式で配布される広告コードを挿入するのもアリだと思いますが、公式の広告は画像も小さく訴求力に欠ける・・と感じたことはありませんか?

公式の広告コードを利用するとこんな感じです。

でも、他のはてなブログを見るとなんかこう違うバナーを利用している人がいますよね?

今回は、はてなブログでAmazonのバナー広告をもっと見やすくするためのツール『ヨメレバ』の設定方法と使い方を紹介します。あと、アプリのインストールリンクを見やすくするツールも紹介します。

 

『ヨメレバ』とは?

ブロガーのかん吉さんが運営する書籍紹介ブログパーツです。

同様のサービスで『カエレバ』というものがありますが、ヨメレバは漫画や書籍紹介の時に、カエレバは商品紹介の時に使い分けます。

純正の広告コードより何が優れているかと言うと

  • 広告が大きく訴求力が高い
  • Amazon以外にも楽天やYahoo!などにも対応できる

という点があります。やはりAmazon以外のアカウントにも対応しているのが嬉しいところですね。

なぜなら、ブログ主側でこの商品いいですよーと広告をうっても、読者側が必ずしもAmazonのアカウントを持っていて購入するとは限らないからです。

もしかしたら楽天ユーザーかもしれないし、Yahoo!ユーザーかもしれない。細かいようですが、こういった取りこぼしがないようにしてくれるのでぜひとも使っていきたいサービスかなと思います。

生成されるリンクもnofollowが選択できるところも地味に嬉しい。

 

ヨメレバの設定方法と使い方

ヨメレバの設定方法

それではさっそくヨメレバの設定方法と使い方を見ていきます。

まず、ヨメレバの公式サイトにアクセスします。

書籍紹介ブログパーツ ヨメレバ

商品紹介ブログパーツ カエレバ

下にスクロールすると『ユーザーデータ入力』という項目があります。

ここに対応するAmazonアカウントや楽天のアカウントを入力していきます。

今回はAmazonのアカウント情報を入力します。

次にAmazonアソシエイトの管理画面に遷移しましょう。

affiliate.amazon.co.jp

ログイン後、画面左にあるトラッキングIDをメモします。

f:id:mutant-tetsu:20160621095420p:plain

あとはヨメレバ側の管理画面でその情報を入力するだけです。簡単ですね。

f:id:mutant-tetsu:20160621095426j:plain

  

ヨメレバの使い方

ヨメレバの設定が完了したので、さっそくヨメレバで広告コードを生成し貼り付けてみます。

使い方、というものでもありませんがとても簡単に利用することができます。

f:id:mutant-tetsu:20160621102714j:plain

検索窓に商品名を入力し、出てきた候補の中から該当するものの『ブログパーツを作る』をクリックするだけです。

次のページでコードが生成されているので、丸ごとコピペします。ここでデザインとか色々変更することもできます。

f:id:mutant-tetsu:20160621102716j:plain

そして、コピペしたコードをHTML編集の画面で貼り付けます。見たまま編集ではNGです。

すると・・・

見た目がいい感じのバナー広告になりました。

ちなみにデザインが違うのは当ブログが使っているデザインテーマ『CONTENTS』が標準でヨメレバのCSSをカスタマイズしてくれているからですね。

CONTENTS - テーマ ストア

いずれにしても、Amazonが純正で提供しているバナー広告よりも画像が大きいものを使うことができます。

 

(おまけ)アプリの紹介も見やすくする

Amazonとは関係ないのですが、アプリをブログで紹介する時も便利なツールがあるので紹介します。

ゲーム系ブログをやっている人の参考にでもなれば。

アプリ紹介の場合には『アプリーチ』というブログパーツサービスを利用します。

mama-hack.com

掲載したいアプリ名を入力して検索をかけて、その後コードを取得します。ヨメレバと同じような使い方ですね。

f:id:mutant-tetsu:20160621102718j:plain

特に設定は必要なく、そのまま利用することができます。

コードを貼り付けるとこんな感じ。

 

モンスターストライク
モンスターストライク
開発元:mixi, Inc
無料
posted with アプリーチ

 これもまた見栄えがいい感じですね。

ちなみにアプリのインストール案件のASPを利用している人は、App StoreやGoogle playのアイコンにリンクを仕込んで使うという使い方もあります。

 

Copyright © 2016 MUTANT All rights reserved.