読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUTANT

SEOやブログマネタイズの手法を紹介しています。ブログを運営する上での役立つtipsを紹介していきます。

SEOに最適な文字数はどの位ですか?と聞かれたので、見解を述べてみる

f:id:mutant-tetsu:20161005102439j:plain

こんにちは、てつです。

先日、知人の方とランチをしていた時に

SEOに最適な(もしくは効果的な)文字数ってありますか?

と質問を受けました。その時に自分がコンテンツの文字数に対して考えていることを言葉にしてみたのですが、良い機会なので文章にでも起こそうと思います。

 

ちなみにSEO対策の最適解っていうのは誰にも分かりません。

Google外部の人間が過去の経験則や知見から、これをするとSEOに良いだろうと類推するに留まります。

自分なりのSEOとコンテンツの文字数の関係について見解を述べたいと思いますが、その点を踏まえながら読んでいただければ。

 

 

まず先に結論から

いきなりですが、先に自分が思うSEOに最適な文字数に対しての結論を。

 

 

 

 

 

そんなものない

 

 

 

と言うのが自分の見解です。

 

ちなみにGoogleの中の人、皆大好きミューラー氏も

「100文字以下ならNG、200〜500語ならOK、500語以上なら最高!みたいなアルゴリズムはない」

とユーザーとのハングアウトで語っています。

 

でも、これを聞いて

「いやいや、Googleさんはそういうけども実際に検索上位を占めているのは文字数が豊富なコンテンツでしょ?」

と思った人も多いと思います。

 

確かにGoogleは文字数ではコンテンツを評価しないと明言していますが、実際に検索上位に来るコンテンツは文字数が多いものが来る傾向にありますよね。

それは自分も感じています。特に最近はコンテンツの長文化がブームなのか、大量の文字数を投入してくるサイトも増えてきました。

 

ただ、それは文字数が多いから上位に来ているのではなく、ユーザーのニーズを満たす(とGoogleが判断している)から上位に来ているわけです。

 

ユーザーのニーズを満たす記事とはなにか?

「ユーザーのニーズを満たす」とはそのままの意味で、検索エンジン経由で訪れた読者のニーズを満たすことです。

普段、私たちは何気なくGoogleやヤフーで検索機能を使っていると思いますが、その行為の裏には必ず何らかのニーズが含まれているはずです。

 

「腹筋 割る」

「ブログ アクセスアップ」

「スマホ アプリ おすすめ」

 

こんな感じで、なんらかの意図を持って検索をしています。

そして、これらの検索結果で上位表示されるコンテンツというのはGoogleがその段階で認めた最適なコンテンツ結果です。

 

Googleの人も言っているように、文字数が多いから上位表示されているわけではなく、ユーザーのニーズを満たす記事だから上位表示されている(Googleがそのように判断している)わけですね。

 

検索上位に表示されたいから、長文を書くのではありません。

 

ユーザーのニーズを満たそうとすれば自然とコンテンツの内容も豊富になり、その結果文字数が多くなってしまうよね、というのが自然な流れです。

検索上位を狙うためにダラダラと駄文を連ねて文字数を稼ぐ、とりあえず5000文字書いておけば最強でしょ!みたいな考えは危険ですよ。

 

SEOで月間1000万PVを集めたアプリヴの戦略

皆さん、ナイルっていう会社ご存知ですか?

nyle.co.jp

もともとは企業向けのSEO対策を提供している会社だったのですが、そのノウハウを活かして自社でアプリ紹介のメディアを運営している会社です。

アプリブというアプリレビューサイトをご存知の人も多いのでは?

 

アプリヴではライターが実際にアプリを使用してみて、その使用感やレビューをコンテンツに反映させるわけですが、ライター向けのレギュレーションでは文字数は400〜600文字程度です。

 

もちろん他にもSEOの施策はたくさん行っていますが、そんな感じでアプリに関するコンテンツを作り、立ち上げから1年ちょっとで月間1000万PVのモンスターサイトに成長させた経歴があります。

 

これは極端な例ですけど、やはり文字数を気にするのではなくユーザーのニーズをいかにして満たすかを気にするべきなのが本来の在り方だと思うんですよねぇ。

 

あまり今の流れは好きになれない

コンテンツの文字数が多い記事が上位を占めるようになり、

上位表示するには▲▲▲文字だ!

という流れが好きになれません。いや、そこじゃないでしょと思う。

 

ライバルサイトが5000文字投入したから、うちは6000文字!

さらに上回ってきたから1万文字だ!となっていくとイタチごっこになりますよね。

 

ユーザーのためになる記事を書こうと思っているのなら、文字オーバーしたからここら辺で締めるか、とはならないでしょ。

 

ユーザーに必要な情報を書いていたら自然と文字数が増えた、結果キーワードも多くヒットして上位表示された。というのが自然な流れかと。

 

コンテンツの内容が本当にユーザーのニーズを満たすものであれば、リンクも貼られますしね。

 

例えば、熱量のこもった記事を投入する場合に必ずしもそのフォーマットをテキストだけで構成するのは最適ということではありません。

 

場合によっては、

  • 画像
  • 動画
  • 外部リンク
  • 引用

などで構成した方が良い場合もあります。

 

おわりに

SEOの文字数はどの位がいいのか?という質問に対して自分の考えを書いてみました。

まとめると、

 

文字数を気にしているヒマがあったら、コンテンツに力を入れる

 

これに尽きると思います。それでは今日はこの辺で。

 

 

Copyright © 2016 MUTANT All rights reserved.