読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUTANT

SEOやブログマネタイズの手法を紹介しています。ブログを運営する上での役立つtipsを紹介していきます。

【20選】福岡在住の私がおすすめラーメン店を全力でまとめてみた

f:id:mutant-tetsu:20160616175933j:plain

突然ですけどラーメンは好きですか?
自分はかなりラーメンが好きで、飲みに行った後は必ずラーメン屋に立ち寄ります。
そんなラーメン好き&福岡在住の私が福岡のおすすめラーメン店をまとめてみました。
来福する際はぜひ立ち寄ってみてください。
 

【天神付近のエリア】

shinshin
福岡には親不孝通りという有名な通りがあります。(現在は親富孝通りに改名)
クラブと外国人バーが立ち並ぶ福岡のゴッサムシティみたいな場所なのですが、ここから少し逸れたところにあるラーメン屋。
地元民&観光客がよく利用するので、店内は常に満席状態です。
行く時には混雑する時間帯をずらして行った方がいいかも。
とんこつラーメンにこういう表現は適切ではないかもしれませんが、とんこつスープが綺麗なんですよね。
あっさり系のような、でもとんこつの旨みもしっかり詰まってる。両立することのない味が成立している不思議なラーメンです。
とんこつ特有の臭さを極力排除したような綺麗なスープが特徴です。
 
 
満麺屋

 

shinshinの近くにあるラーメン屋で親不孝通りを真っ直ぐ突き抜けるとあります。
以前、ブログでも取り上げたのですがあまり観光客に知られていないのかいつも満席ではない、だけど美味いラーメン屋さんです。
オススメは黒とんこつラーメン。黒タレ on the とんこつスープという胃もたれしそうな組み合わせですが、とても美味しいです。
 
博多拉担麺まるたん

 

比較的新しいラーメン屋で看板メニューが『ラー担麺』というラーメンと担々麺のハイブリッドのような一品なのですが、とても美味しいです。
通常の拉麺のど真ん中に、担々麺ボールのようなものが載っておりこれを箸で崩しながら食べていくスタイル。
いきなり担々麺を混ぜるもよし、途中までラーメンとして食べるもよし。食べ手の戦略性が問われる一品です。
ここもまだ知名度が低いのか、比較的空いてることが多いです。穴場のラーメン屋。
 
 
ナンバーワン

 

元々、長浜の屋台からスタートしたお店ですが人気店となり店舗を構えるまでに。
福岡でも複数の店舗があります。shinshinに似ている感じのキレイなとんこつラーメンという感じです。
 
 
博多ラーメン膳

 

ラーメン一杯280円という衝撃の価格設定のお店です。ここで紹介しているお店に比べると味は落ちますが、280円という値段からすると美味しく、おそらく福岡県内でコスパ最強のラーメンです。
店内はいつも満員で妙に中毒性があるラーメンです。
 
鳳凛(ほうりん)

 

日本初の唐辛子入りのラーメン店らしいです。とんこつラーメンの上にある唐辛子味噌を崩しながら食べていくスタイルで、〆の一杯には最適です。
味は一蘭に似ていますね。麺、スープ、具材、全てが高い次元でまとまっており絶対外れのないラーメン屋さんです。
 
すみれ

 

とんこつではなく、味噌ラーメンのお店です。
札幌からの出店らしいのですが、めちゃくちゃ美味いです。とんこつラーメンの気分じゃないなという時はここでよく味噌ラーメンを食べます。
テーブルに酢が置かれているのですが、味噌ラーメン×酢という組み合わせはよく合います。
いつか札幌行って味噌ラーメン巡りもしたいなぁ。
 
元祖赤のれん

 

西通りから少し入ったところにあるラーメン屋です。場所的に集客できる立地なのとラーメンが美味いので店内はけっこう混み合っています。
親子三代に渡って経営されている老舗のラーメン店で、味も納得の一杯です。
天神からすぐ入ったところにあるので、観光に来たらふらっと一杯できる立地というのも便利です。
 
 
しはら

 

福岡で飲食店が軒を連ねる大名というエリアの少し外れにあるラーメン屋。
営業開始が21:00からと完全に〆の一杯を追求したスタイルです。
なんというか、ラーメンがエネルギッシュなんですよね。食べたらズガーンと来る感じの濃厚とんこつラーメンを堪能できます。
かなり味が濃いので好みが分かれるかもしれません。でも、気に入った人は病みつきになるようなラーメンです。
 
元祖長浜屋

 

福岡の地元民は皆大好き、長浜ラーメン。元祖長浜ラーメンを知らない人はモグリという位、福岡県民なら知っているラーメン屋です。
ちなみに場所が天神から離れているので交通の便は悪いです。
メニューはラーメンのみです。店内に入ると同時に『麺の固さは?』と聞かれます。
オススメはハリガネ、もしくはバリカタ。
ちなみにすぐ近所に同じような名前のお店があり、どちらが長浜ラーメンの『元祖』なのかで争っています。
 
ちんちん

 

ふざけているわけじゃないですよ?そういう店名なんです。
店名は口にするのも恥ずかしいですが、担々麺に力を入れたラーメン屋です。
過去には受賞歴があったり、雑誌に取り上げられたりと担々麺はガチで美味いです。
ちょっと店内が狭いので、混む時間帯はずらした方がいいです。
 
麺劇場 玄瑛

 

東京にも出店しているらしいですが、魅せるタイプのラーメン屋さん玄瑛。
映画館のような座席配置のラーメン屋で、目の前でラーメンを調理しているところを眺めて食欲をマックスまで高めてラーメンを食べるスタイルです。オシャレ系ラーメン。味も美味しいです。
 
大砲ラーメン

 

福岡には久留米っていう場所があるのですが、(孫さんとホリエモンの地元)そこで有名な大砲ラーメンが市内に進出してきたお店。
全体的に濃い感じのラーメンなので、キレイ系のとんこつラーメンよりも濃厚なとんこつを食べたい人にオススメ。
 
麺屋小野

 

親不孝通りのど真ん中の地下にあるラーメン屋です。正確にはラーメン居酒屋といった感じのお店です。
小野グループという福岡で飲食店を多数経営している会社が運営するラーメン店です。
お酒も飲みたい、ラーメンも食べたいという時にはオススメ。
月替わりで新しい味のラーメンにも挑戦しており、過去に食べた鯛塩ラーメンやハマグリ菜の花ラーメンはウマーな味でした。
 
IPPUDO TAO FUKUOKA

 

一風堂はいろんな所に出店しているのでご存知の方も多いのでは?
福岡でも複数の店舗があるのですが、天神西通り店はオススメしません。観光客でいつも混雑しているんですよね・・・
オススメはこのお店です。立地が悪いわけでもなく、一風堂のお店に変わりはないのですがなぜかいつも空いています。
福岡に来て一風堂に行く場合は落ち着いて食べれるこちらの店をオススメします。
 
ラーメンおいげん

 

天神ではなく、すぐ近くの赤坂というエリアにあるラーメン屋です。最近できたお店なのでまだ知名度がないのか、美味しいのに割と座れます。
下手すると天神市内で行列を作っているラーメン屋より美味いです。
適度に炙られた肉厚なチャーシューと直球のとんこつスープにハマリます。最近このお店は知ったのですが、週一で行く位にハマっています。
 
 

【博多・中洲エリア】

一双(いっそう)

 

ここのお店はすごいです。何がすごいかってお店の50m手前位で、すでにとんこつラーメンの匂いが漂ってきます。(苦情来ないのかな)
濃厚とんこつラーメンを提供するラーメン屋なのですが、濃厚過ぎてスープというよりポタージュみたいになっています。
お店に入るととんこつ臭が洋服に付くので、女性を連れて行く時は慎重になった方がいいです。
でも、雑誌で紹介されたのか地元民はもちろん観光客でいつも混雑しています。
一双以上の濃厚なとんこつラーメンを提供するお店を自分は知りません。濃厚なとんこつラーメンを食べたい!っていう人は訪れてみてください。
 
一蘭

 

超が付くほど有名なラーメン屋ですね。福岡県内には複数店舗を構えているのですが、福岡天神の西通り店はオススメしません。外国人観光客が多すぎる・・・
総本店も多いですが、西通りよりはマシかも。
人気になる理由に納得するほどの美味さです。ラーメンに集中できるように隣の席と区切られています。
替え玉する時に流れるチャルメラの音楽もテンション上がります。
 
海鳴(うなり)

 

福岡の歓楽街・中洲にあるラーメン屋です。場所柄深夜まで営業しているのですが、深夜になると仕事終わりのキャバ嬢とホストで溢れるので日付が変わる前に来店するのがベストです。
超人気店らしく、ラーメンはめちゃくちゃ美味いです。店内が狭いのでしょっちゅう行列が出来ていますが、並ぶ価値ありのラーメン店です。
中洲で飲んだ帰り道に行列が出来ていなかったら絶対に来店する位、オススメのラーメン屋です。
 
【番外編】肉肉うどん

 

ラーメンではないのですが、ぜひオススメしたいのが肉肉うどんです。福岡県民ってうどんもけっこう好きなんですよね。
肉うどんでは通常、牛バラが使われるのですがここは牛のスネとか食べ応えのある部位をふんだんに使用しています。
甘辛く味付けされたゴロッと肉に、少し濃いめに味付けされたダシと生姜、うどんがめちゃくちゃ合います。
場所も中洲の近くにあるので、中洲で飲んだ帰りに〆の一杯でオススメしたいお店です。
 

まとめ

いかがでしたか?福岡の博多・天神エリアのオススメラーメン店を紹介しました。
ラーメン大好きでよく食べに行くので、思い出したらまたここに追加していきたいと思います。
ラーメンの記事書いていたら食べたくなってきた・・・ちょっと行ってきます。
Copyright © 2016 MUTANT All rights reserved.