MUTANT

SEOやブログマネタイズの手法を紹介しています。ブログを運営する上での役立つtipsを紹介していきます。

TECH CAMP(テックキャンプ)の評判は?1ヶ月ガチで勉強してきた私が評判と勉強のコツを紹介する

f:id:mutant-tetsu:20180112170222p:plain

こんにちは、てつです。

台湾から帰国して、そこから1ヶ月間プログラミングスクールのTECH CAMP(テックキャンプ) に行ってきた。

 

プログラミングスクールに行っていたことを友人に話すと、「TECH CAMP(テックキャンプ)の評判ってどうなの?」と聞かれることが多いので、ここで一度記事にしてみようかなと思う。

  • TECH CAMP(テックキャンプ)の受講内容はどんな感じなの?
  • 本当に1ヶ月でプログラミングスキルが付くのか?
  • 講師陣のサポートは手厚いのか?

 

こんな感じで、実際に自分が行く前に疑問に思っていたことを掘り下げていこうと思う。

 

結論から先に言うと、受講して良かったと思う。

実際に受講を完了して経験から教材の質やメンターについて紹介していきたい。

 

TECH CAMP(テックキャンプ) が標榜する「人生を変える1ヶ月」を体験し、実際にTECH CAMP(テックキャンプ)に1ヶ月通って(多分、同時期の受講生でトップ3に入る位勉強したと思う)良かった点、悪かった点を惜しみなく書いていきたいと思う。

 

そういえば自分もプログラミングスクールに行く前はTECH CAMP(テックキャンプ)って実際にどうなの?と思っていた部分があるので、TECH CAMP(テックキャンプ)の評判が気になる方やプログラミングスクール選びで迷っている人は参考にしてほしい。

 

プログラミングスクールTECH CAMP(テックキャンプ)とは?

プログラミング未経験者を対象に組まれた通学型のプログラミングスクール。

場所は東京・横浜・大阪・神戸・京都・福岡の6ヶ所で展開されているが、その他の地域でもオンラインで受講することが可能だ。

TECH CAMP:人生を変える1ヶ月

 

用意されているコースは

  • Webサービス開発(Ruby on Rails)
  • VR/3Dゲーム開発(Unity)
  • オリジナルサービス開発
  • デザイン
  • 人工知能入門
  • iPhoneアプリ開発

この合計6つ。

 

受講の流れは、TECH CAMP(テックキャンプ)側が用意したオンライン上のカリキュラムにアクセスして受講していくスタイル。

 

テキストと動画が掲載されたサイトにアクセスして、勉強していくというものだ。

 

なので、教室に集まってホワイトボードの前で講師が教えるという学校スタイルではない。

 

TECH CAMP(テックキャンプ)の教室に行ってパソコンを開いて黙々と作業するというものだ。

 

そして、分からないことがあればメンターと呼ばれる講師陣に直接質問をしていくというスタイル。

 

TECH CAMP(テックキャンプ)で用意されているコース

Webサービス開発

TECH CAMP(テックキャンプ)のメインとも言えるコースで、プログラミング言語のRubyとそのフレームワークであるRuby on Railsを学ぶことができる。

 

Ruby?Ruby on Rails??と思う人もいると思うけど、簡単に言うとRuby on Railsを使えばWebで公開されているようなWebサービスを作れるようになる。

 

例えば、食べログもRuby on RailsだしクックパッドもRuby on Railsだ。

 

Facebookを使った求人サービス「Wantedly」もRuby on Railsだ。

 

こういった感じでブログや単なるアフィリエイトサイトとは違う、Webサービスを自分の手で作れるようになる。(Ruby on Railsを使えるようになればね!)

 

自分もこのWebアプリケーションコースを1ヶ月間受講してきた。

 

Webアプリケーションコースとは言いつつも、オリジナルアプリケーションを作るために総合的に言語やツールの使い方を学ぶことができる。

  • Ruby(Ruby on Rails)
  • HTML/CSS
  • Git(ソース管理)
  • SQL(データベース)
  • JavaScript(jQuery) 

 

Rubyでバックエンドのスキルを身につけても、フロント側(HTML/CSS/JS)の知識がないとハリボテのようなWebサービスになってしまう。

 

なので、フロント側のスキルも(最低限)学ぶことができるようにカリキュラムが組まれている。

 

ちなみに余談だけど、TECH CAMP(テックキャンプ)のWebサービス開発コースを受講する際はMacは絶対用意しておいた方がいい。

 

一応、Macのレンタルは月額6000円であるのはある。ただ、今後のことを考えるとRubyでサービスを開発したいと思うならMacは必須だと思う。

 

Windowsでも出来ないことはないが、環境構築やらそもそも出回っている情報がMacベースなので厳しいと思う。

 

自分が受講していた時にもWindowsで気合いで受講していた人もいたが、最終的にはMacを購入していた。

 

自分も独学でRuby on Railsを勉強した時はWindowsパソコンだった。

もちろん、失敗した。Windowsパソコンだったことが原因ではないけど、Macに乗り換えてみて、こっちの方が開発しやすいなと感じた。

 

VRコース

C#とUnityを使ってVRのサービス開発を学ぶことができるコース。

 

実はこのコースは後発で新設されたコースで、新しいカリキュラムになる。

 

VRコンテンツの開発を提供しているプログラミングスクールは現段階ではあまりないので、ゲーム開発をメインに考えている人は検討する価値あり。

 

これまた余談だけど、VRコースに関してはWindowsの方が相性が良い。理由はRubyと同じだけど、VR開発に関しては現段階ではWindowsパソコンで開発するのが主流の様子。

 

プロフェッショナルコース

プロのエンジニアとして独立or就職を目指すコース。

未経験だけどIT系の会社に就職したい!という人に向いている。

 

Webアプリケーションコースをさらに発展させて、がっつりRuby on Railsを学びそれにプラスしてJavaScriptのFluxとReactも勉強することができる。

 

それに絡めてサーバーの構築・運用もガッツリ勉強する。

受講前に面談を行うのでTECH CAMP(テックキャンプ)側の本気度も伺える。中途半端な気持ちじゃ受講できない感じのガチのコースだ。

 

Webアプリケーションコースは1人でプログラミングをするけど、プロフェッショナルコースに関しては実戦を想定して、ペアプログラミングなど複数人での開発を行う。

 

さらに、プロフェッショナルコースにはトップメンターと呼ばれる人(スキルの高い人)が参画するので、文字通りTECH CAMP(テックキャンプ)の中でも最高の学習環境で勉強できるってわけだ。

 

その分、高い受講費用がかかってくるがこの受講料金はその後IT企業に就職すれば全額返金というキャッシュバック制度もある。

 

雇う企業側としては、新人教育を社内でせずに一定のスキルを持った人間の育成をテックキャンプ側に委託するというビジネスモデルだ。

 

もし、ガチでIT企業に就職したいならエキスパートコースで腹を括るのも1つの選択肢かもしれない。

 

プロフェッショナルコースは全ての教室で開講されているわけではないので、公式サイトでチェックした方がいいと思う。

 

Webサービス開発コースの率直な感想

f:id:mutant-tetsu:20170420144127j:plain

ここからは自分がTECH CAMP(テックキャンプ)でWebサービス開発コースを受講してどうなったのか、何を感じたのかを率直に書いていこうと思う。

 

TECH CAMP(テックキャンプ)は受講が終わった生徒が、ブログ記事を書いて運営に報告するとAmazonギフト券が貰える。(現在はやっているか分からない)

 

もちろん自分は運営に報告もしていないし、報酬も受け取っていない。

 

なので、感じたことをありのままに書かせてもらう。

 

 

実は受講期間は4週間じゃない、6週間だよ

TECH CAMP(テックキャンプ)では1ヶ月コースを選択したわけだけど、実は受講期間は1ヶ月じゃない。

 

正確に言うと、6週間だ。

 

これは、受講開始2週間前から料金の払い込みが終わった人からオンラインでカリキュラムを見ることができるからだ。

 

なので直前に駆け込みで申し込みをすると、この2週間を有効活用できないからある程度スケジュールに余裕を見て受講した方がいいと思う。

 

そして、自分はこの本受講が始まる前の2週間でカリキュラムをほぼ終わらせた。

 

TECH CAMP(テックキャンプ)ではカリキュラムの進捗状況をパーセントで確認することができる。

 

カリキュラムの要所要所にチェックポイントがあって、終わってチェックを付けていけば進捗が10%→20%となる仕組みだ。

 

 

本受講が始まる前の2週間で進捗は93%まで行ってた。残りの7%は分からなくて消化できなかった部分だ。

 

この2週間の事前の受講期間では質問ができないので、

 

とりあえずやれる所だけ全部終わらせる

       ↓

受講開始と共に、書きためていた質問をぶつける

 

この流れで行くと、4週間の本受講開始前の2週間でかなり先に進めることができる。

 

本受講が始まるまでボーっと待ってる必要はない。申し込みをして払込が終わってカリキュラムにアクセスできるようになった時点からすでに勉強は開始できる。

 

ちなみにこの2週間は1日8時間くらい勉強時間を確保した。

 

なので自分をサンプルにすると、毎日8時間やれば2週間でカリキュラムをほぼ終わらせることができる。

 

 

この2週間の勉強のポイントは、とりあえずやれる所はどんどん終わらせること。

 

Ruby on Railsは一度エラーにはまると解決策が見つけ出せず泥沼にハマることは多々ある。

 

一通り、足掻いてそれでも無理!と思ったら速やかにHTML/CSS/JS/Gitなど他のカリキュラムを消化すべきだ。

 

フロント周りのカリキュラムはエラーで先に進めないということは絶対にない。

 

カリキュラムを見て、消化して、理解できるかどうかだ。

 

 

ちなみにこの2週間でエラーに遭遇して先に進めなかった箇所は、Ruby on Railsのカリキュラムだけだった。

後から分かったことだけど、単純にカリキュラムに書かれていたコードのバージョンが古いだけでエラーが起こっていただけだった。

 

 

ちなみにdeviseというgemでハマった。

deviseはRuby on Railsにログイン機能を付ける時によしなにしてくれるgemだけど、そのdeviseを使った箇所でエラーが起こった。

 

deviseに限らず、色んなものが日々バージョンアップしているのでカリキュラムやネットで出回っている情報が古くなることは往々にしてある。

 

1番、確実な解決方法はdeviseのgithubページを見て導入すると解決できる。

github.com

 

こんな感じでエラーが出たらとりあえず公式見るのが確実。全部英語で書いてあるから厳しいけどね。

 

余談だけどITの最新情報は英語で発信されるので、英語の勉強も機を見て行うことを強くオススメする。

 

 

ちなみに、TECH CAMP(テックキャンプ)は頻繁にカリキュラムをアップデートしているので、あなたがが受講する頃にはそのエラーは修正されていると思う。いや、そのはずだ。

 

 

4週間の本受講が開始

事前の2週間が過ぎると、いよいよ本受講が解禁される。

オンラインで質問できるようになるし、TECH CAMP(テックキャンプ)の教室にも顔を出せるようになる。

 

良い流れを断ちたくなかったので毎日通学して8時間は勉強するようにした。

 

すでにカリキュラムは100%になっていたけどメンターさんと相談の上、1週間を復習期間に充ててオリジナルアプリケーションの制作にとりかかった。

 

 

ややすると、カリキュラムの消化だけに目を奪われがちだが復習に復習を重ねて知識を薄塗りしていく。

 

すると不思議と自分の中で知識が蓄積されているのを実感できる。

 

 

ちなみに受講中の1日のタイムテーブルはこんな感じ

 

 5:00起床

10:00までサイト更新など本業を行う

11:00TECH CAMPで勉強開始(TECH CAMPは11時にオープン)

20:00勉強終了→帰宅

23:00爆睡

 

 

毎日毎日、ひたすらコードとの睨めっこで帰る頃にはフラフラしていた。

1週間を過ぎた頃には立ちくらみがするようになったが、意識だけは冴えていた。

 

なぜなら今まで独学であれほど苦しんでいたプログラミングが面白いほど理解できるようになったからだ。あの経験はなかなかできない。

 

TECH CAMP(テックキャンプ)で実践したオススメ勉強法

f:id:mutant-tetsu:20170420144339j:plain

実際に自分がやってみてプログラミングの知識が付いたなぁと思った勉強法を紹介。

 

ノートを取りまくった

そんなアナログな方法wと思うかもしれないけど、ノートを取るのは本当にオススメしたい。

 

というか、常に復習できるツールならノートでもEvernoteでもなんでも構わない。

 

自分はさっと見返して、好きに図も書けるノートが相性が良かった。

 

 

この一冊にTECH CAMP(テックキャンプ)の受講中に仕入れた知識を集約していく。毎日、8時間近く勉強していればすごい量のプログラミング知識が入ってくる。

 

Rubyのカリキュラムを終えて、HTML/CSSに移る頃には「あれ?Rubyのクラスってどうだったかな・・・」と知識が霞がかってくる。

 

なので自分がその瞬間理解したことを自分の言葉で書いていく。

ノートを見返して復習をする対象者は自分だ。

 

知識が霧散してしまわないように、毎日復習、しつこく復習を習慣付けるのは本当にオススメ。

 

f:id:mutant-tetsu:20170219143824j:plain

何の変哲も無い無印のノートに頂いたステッカーを貼った代物だけど、自分のプログラミング学習の原点だし、今でもたまに読み返す。

 

 

Ruby on Railsを勉強した後は、独学でSwiftを勉強したりAWSでサーバー構築の勉強をしたりしているけど、ノートを付けるのは今でも習慣になっている。

 

常にオリジナルアプリに意識を向ける

本当の意味でプログラミングの力を付けたいなら早い段階でオリジナルアプリを想定した勉強をするべきだ。

 

TECH CAMP(テックキャンプ)ではサンプルアプリが4つほど用意されているが、全てをバッチリ作っても本当の意味でプログラミングスキルが身についたとは言えない。

 

0から自分で作ってみないことには壁にもぶち当たれないし、自分が何を理解していないのか課題さえも見つからない。

 

オリジナルアプリや何かを作るのは割と簡単だけど、それを実際にサーバーに公開して運用してマネタイズをして初めてプログラミングスキルをビジネスに昇華できると自分は考えている。

 

オリジナルアプリを作らずに全てサンプルアプリの制作で完結してしまった人は往々にしてスキルが身についていないし、そもそも舞台に立ってすらいない。

 

 

オリジナルアプリはすごいものを作る必要はなくて、自分で企画して構成を考えて0から作ったということに意義がある。

これだけで経験にもなるし飛躍的にスキルが向上する。

 

もし、「オリジナルアプリで作りたいものが思い浮かばねぇ・・・」という人がいればブログを作ってみるのもオススメ。

 

ブログと侮ることなかれ、ブログの中に

  • 記事を投稿する管理画面
  • アクセスに応じた人気記事ランキング
  • シェアボタン
  • 記事下の関連記事
  • カテゴリ>記事のアソシエーションモデル
  • パンくずリスト

など、けっこうなエッセンスが詰まっている。

あ、画像のアップロードも必要になるね。

 

SEOを強化したい場合はこれ以外にもメタタグを自分で実装しないといけないし、スニペットや諸々のマークアップも必要になってくる。

 

オリジナルアプリの案がない人はWordPressのようなCMSを自分の手でRailsを使って作るとけっこう力が付くと思う。

 

絶対に途中で諦めない

そんな基本的なこと・・・と思うかもしれないけど、TECH CAMP(テックキャンプ)の受講が始まると予想以上に脱落者が出る。

 

高い受講料を払って途中で止めるとか全く理解できないけど、脱落者はとにかく出る。

 

それも1割、2割減るとかのレベルではなくて半分近く教室に来なくなる。(自分の場合は特にひどかった)

 

 

受講開始時にある男性が、

自分で作りたいWebサービスがありそれを基に起業する予定。

制作会社に見積もりを取ってもらったら高かったので、自分で勉強して作る方が手取り早いと思い受講した

と話していた。

 

 

当然、周囲も「え?起業?すごい!」となるわけだけど1週間で教室に来なくなった。

 

 

一方で全くの未経験、HTMLもCSSも分かりませんみたいな人でもコツコツ教室に通い、我慢強く1ヶ月を過ごした人はスキルが身についている。

 

 

学歴も大きな野望も関係なく、最後までやり抜くことがとても大事だとこの時に思った。

 

 

これからTECH CAMP(テックキャンプ)を受講する方に伝えたいのは、

  • 復習できるツールを用意する(自分はノートだった)
  • オリジナルアプリを作る(サンプルアプリからの脱却)
  • 途中で投げ出さない

 

この3つがポイントかなと思う。

 

 

TECH CAMP(テックキャンプ)のメンターってどうなの?

TECH CAMP(テックキャンプ)の情報の中でネガティブな情報として出回っているのが、

「ぶっちゃけTechCampのメンターってどうなの?」

という点だ。

 

実はTECH CAMP(テックキャンプ)で講師役(メンター)として活躍している人達は、以前にTECH CAMP(テックキャンプ)を受講した人達。

 

つまり、2ヶ月前とか半年前にTECH CAMP(テックキャンプ)を受講した先輩達だ。その多くは大学生で構成されている。

 

これに関して言えることは、

 

人による

 

これに尽きると思う。

 

 

つまり、メンターによってスキルにバラつきがあり過ぎるということだ。

 

受講が開始してから、ほぼカリキュラムは終わっていたので自分の焦点はオリジナルアプリケーションの制作に向いていた。

 

どんなデザインにしようか、そもそもheroku(webアプリをアップロードして運用するサービス)は海外のリージョンだからレイテンシー遅いよね、いや待てRailsアプリのSEO対策はどうする?

 

 

など実際に運用を想定した開発を考え出すと疑問が一気に噴き出してきた。

 

 

これらの質問をメンターにぶつけるわけだけど、回答までに時間がかかるケースもあった。

テックキャンプのメンター陣は層が厚いので回答できないことはないが、メンターによっては回答までに調べたりするので時間がかかることもある。

 

これは自分がどこまでのレベルを求めているかで変わってくると思う。

 

とりあえず1ヶ月でプログラミングの基礎を徹底的にやりたいという人は問題ない。

しかし、自分が考えたプロダクトを開発する場合はメンター陣への説明も含めて、難易度が上がってしまうことを覚悟しておこう。

 

さすがにヤフオクのようなシステムを作りたいです!と言われてもメンター陣も困ってしまうだろう。

 

まずはサンプルアプリケーションを軸に、最小サイズのサービスを開発→ローンチしてみることをおすすめする。いきなり、巨大なシステムを作ろうとしないように。

 

メンター陣のスキルにばらつきがあると言ったが実は簡単な解決法がある。

それは、出来るメンターをいち早く見つけることだ。

 

カリキュラム内の質問は全員問題ない。しかし、オリジナルアプリケーションを作る場合はできるメンターを引き込めるかどうかで成果が変わってくる。

 

できるメンターを見分ける1番簡単な方法は、過去にオリジナルアプリケーションを開発したことがあるか、もしくは実際に企業や個人からサービス開発の受託経験があるか否かだ。

 

過去にこうした経験を持っているメンターは総合力が高く、こちらが意図していることを素早く察知してくれる。

 

 

おわりに

色々正直に書いてきたわけだけど、この1ヶ月はプログミラングを人生で1番身近に感じた1ヶ月だった。

 

プログラミングを学びたいと思うのならば、ダラダラと1年かけて勉強するものでもない。

 

超短期で集中的に学んで基礎を作り、あとは自分でプロダクトを開発していくのがおすすめだ。

 

今まで何度もプログラミングを独学で勉強してきては挫折を繰り返してきたので、この経験は自分としては嬉しかった。

 

メンターの箇所でマイナスな面も書いてしまったけど、TECH CAMP(テックキャンプ)でプログラミングの基盤が出来上がったように思える。

そのためには、 

  • 分からないことがあっても自分で調べて解決する
  • ギリギリまでメンターには質問しない

これらを心がけることで自己解決力が付いて、受講が終了した後も問題なく開発ができている。

 

なんだかんだでカリキュラム終了後も分からない箇所があればエンジニア向けのQ&Aサイトに質問することで解決できている。

エンジニアのためのQ&Aサイト【teratail】

 

 

自分がプログラミングを学んでどうなりたいのか?

 

これを明確に想定することで、モチベーションも変わってくる。

大事なのは地頭の良さでもない。プログラミングを勉強してこうなりたいという具体的なビジョン、情熱だ。

 

無料説明会も頻繁に開催されているので、事前に色々とぶつけたい質問や自分が作りたいプロダクト(Webサービスやアプリ)を作れる環境かどうかも遠慮なくぶつけてみよう。

TECH CAMP(テックキャンプ)公式サイトへ