MUTANT

ブログ運営やSEO、マネタイズ方法を紹介

起業家必見!AIにWebデザインを丸投げできる次世代ツールを紹介するよ

こんにちは、てつです。

副業解禁の動きがある影響か、起業する人が最近増えているように感じます。

法人を立ち上げる人もいれば、副業としてスモールビジネスを立ち上げる人も様々。

起業と同時にホームページを作成することが多いのですが、1番便利なのがホームページ作成ツールを使ってサクッと作ってしまうこと。

しかも、最近ではAIがコンテンツ部分も自動作成してくれるサービスも登場しています。

今後、起業を考えている人にとって、知っておいて損はないAIを駆使した次世代のホームページ作成ツールを紹介します。

 

起業する人が陥りがちなホームページ作成の問題

f:id:mutant-tetsu:20190816213700j:plain

何かビジネスを始めようとする人が、遭遇する問題としてよくあるのが

「どうやってホームページを作成するのか」

という問題。

 

よくあるホームページ作成のパターンとして、

  1. Webデザイン会社に依頼する
  2. 個人のデザイナーに依頼する
  3. ホームページ作成ツールで制作する
  4. 自分で勉強して制作する

この4パターンがあります。

私の周囲で起業する人のパターンとして多いのが、Webデザイン会社に見積もりを取ってもらいその金額に断念し、個人やクラウドソーシングで依頼をするパターン。

 

個人に依頼する場合は企業より安くなるのですが、デザインや金額もバラバラでどうしたらよいのか分からないという相談をよく受けます。

HTMLやCSSを勉強して自分で作る!という人もいますが、ビジネスの目的はそこじゃないので、かなり遠回りになってしまうことも。

 

ホームページ作成ツールでも一筋縄ではいかないケースも

f:id:mutant-tetsu:20190816214043j:plain

立ち上げ資金がたくさんある人は、企業やデザイナーさんに依頼するのがベストです。

しかし、ホームページ作成に資金を回せない人はツールを使ってサクッと制作するのが1番簡単で、オススメです。

現在ではWix.comなど、様々なホームページ作成ツールがあり、パワポを操作する感覚でドラッグ&ドロップでホームページを制作することができます。

 

しかし、ホームページ作成ツールは外見の部分をうまく組み合わせて良い感じに作れても、中身となるコンテンツや配色は自分で考えないといけません。

これって結構落とし穴で、ホームページの紹介文や言い回しを素人が0から考えるとハードルが一気に高くなります。

 

もう悩む必要はなし。コンテンツをAIが自動生成

今まではサイトのデザインを自動で生成し、細部のコンテンツ部分は自分で考える必要がありました。

しかし、「Wix ADI」というツールを使えばデザイン・コンテンツ・配色など1番困る部分を全てAIが自動で生成してくれます。

youtu.be

ちなみに、動画では英語のWebサイトでコンテンツが自動生成されていますが、日本語にも対応しています。

Wix ADIで自動でコンテンツ部分も作成し、微調整すれば良い感じでホームページが作れます。

 

Wix ADIでホームページを作ってみた

試しにWix ADIで日本語のコンテンツを自動生成してみました。

ちなみに作成にかかった時間は5分でした。

f:id:mutant-tetsu:20190816175150j:plain

ビジネスのジャンルを選択して、好みのレイアウトを選択するだけでそのビジネスに合うコンテンツテキストが自動で生成されます。

上記は広告代理店のジャンルで作成したものです。

日本語でも違和感なくテキストが自動生成されていますね。あとは、自分のビジネスにマッチするように微調整するだけでOK。

 

Wix ADIの使い方

とても簡単に利用することができますが、知識0ベースでもすぐにホームページが作成できるように使い方を詳しく紹介します。

 

1)Wix.comにアクセス

まず、Wix公式サイトにアクセスします。

ja.wix.com

メールアドレスかFacebook、Googleで無料アカウントを作成しログイン後に「新しいサイトを作成」をクリックします。

 

2)ホームページのジャンルを選択

「どんなホームページを作成しますか?」と質問されるので、起業するビジネスにマッチしたジャンルを選択します。

f:id:mutant-tetsu:20190816180421j:plain

次のページでは「Wix ADIで自動作成」を選択します。

 

3)サイトに追加する機能を選択

f:id:mutant-tetsu:20190816181156j:plain

次の項目ではサイトに追加する機能を選択していきます。

飲食店や美容室などであれば、予約機能を追加したりネットショップであれば買い物カゴといった具合です。

楽曲のオンライン販売も出来るので、バンドのホームページ作成といった使い方もできますね。

 

4)好みのスタイルを選択

f:id:mutant-tetsu:20190816182106j:plain

あとはWix側で自動でホームページを作成し、3つのスタイルを提案してくれます。

好みのデザインを選択し、微調整をすれば完成です。

 

Wix ADIのその他の嬉しい機能

Webデザインやコンテンツを自動作成してくれるだけでも嬉しいのですが、Wix ADIには他にも嬉しい機能があります。

色々と便利な機能がありますが、個人的に「これは!」と思ったものを2つ紹介。

  • ロゴに合わせたカラーを自動適用
  • アップロードした画像を自動修正 

アップロードしたロゴの色味を自動で抽出して、配色パターンをサイトに適用するというもの。

ちなみに、Wixロゴメーカーという機能もあり、これまたAIが自動でロゴを作成してくれるツールもあります。

 

もう1つはサイトにアップロードした人物写真や画像を自動で認識して、切り抜きや色味調整をしてくれるもの。

 

いずれもAIの技術をベースに実現しているものですが、ますます簡単にクオリティの高いものが作れる世の中になったなぁと、しみじみ。

 

スモールビジネスではリソースをどこに注ぎ込むかが重要

f:id:mutant-tetsu:20190816214312j:plain

私自身、個人事業主として独立し法人化して3期目になりました。

ビジネスをやる時にはリソースをどこに集中させるのかが重要だなと感じるこの頃です。

独立した人の90%が、3年以内に事業を畳んでいるというデータもあります。

自分のビジネスのコアな部分だけに全力投球しないとなかなか生き残れないのが実情です。

要は、やらないことの選択も必要なわけです。

その中でもホームページ制作は最たるもので、お金と労力をかけずにサクッとAIに作ってもらい、あとは自分の仕事に全力投球するのがスタートダッシュを切れます。

  

おわりに

昔は高いお金を払ってWeb会社に依頼するしか選択肢がありませんでした。

しかし、現在ではWix ADIのようなAIで自動制作してくれるツールもあるので、個人が起業するチャンスはぐっと身近になったように感じます。

起業をこれからする人、いつかは起業予定の人はこうしたツールを活用して効率よく事業展開することをおすすめします。それでは今日はこの辺で。

 

スポンサーリンク